HOME出版・論文・資料 |資料:第八回RIEF勉強会「気候関連財務情報開示に関する国際的論議動向」(東京海上ホールディングス:長村政明氏) |
nagamuraキャプチャ

 

 一般社団法人環境金融研究機構(RIEF)は2017年4月21日(金)午後6時から、上智大学で第8回勉強会を開催しました。講師は東京海上ホールディングスの長村政明様をお迎えし、長村様がメンバーとして参画されている金融安定理事会(FSB)の気候関連財務情報開示作業部会(TCFD)の報告概要と今後の展望をじっくりお聞きしました。


// //

 TCFDは昨年12月に、検討成果である「フェーズⅡ」の提言を公表、現在、最終報告の取りまとめ中です。長村さまには、この提言の詳細な解説とともに、背景説明等をしていただいた。

 

 

     提言では、気候変動が及ぼす企業価値への影響を、シナリオ分析を……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム