HOME |出版・論文・資料|

出版・論文・資料

出版・資料室

資料:企業活力研究所「CSR研究会」 2016年度報告書。「社会課題(SDGs等)解決に向けた取り組みと国際機関・政府・産業界の連携のあり方」

2017-05-22 16:49:32

CSR研キャプチャ    一般財団法人企業活力研究所は、2003年度から、CSR研究会において、企業のCSR活動について多様...
詳しく見る

資料:第八回RIEF勉強会「気候関連財務情報開示に関する国際的論議動向」(東京海上ホールディングス:長村政明氏)

2017-05-10 18:03:24

nagamuraキャプチャ    一般社団法人環境金融研究機構(RIEF)は2017年4月21日(金)午後6時から、上智大学で第8回勉...
詳しく見る

昨年の世界の新規再エネ投資、前年比23%減の一方で、追加発電量は過去最高。再エネ事業の経済効率性向上を立証。日本は再エネ政策の“失敗”で新規発電量も減少。UNEPなどの共同調査で判明(RIEF)

2017-04-10 20:43:49

UNEP1キャプチャ    国連環境計画(UNEP)などによると、昨年中の世界での新規の再生可能エネルギー投資額は、前年...
詳しく見る

「日本経済研究センター」が福島事故処理費用を試算。総額50兆~70兆円で、政府見通しの3倍。廃炉処理不可能の場合は、さらに増大。原発発電コストもLNGなどより高い。原発優位の政策の見直しを求める(RIEF)

2017-04-03 14:57:11

NRC1キャプチャ    日本経済新聞系の公益社団法人日本経済研究センター(岩田一政理事長)は、東京電力福島第一原...
詳しく見る

世界のサステナブル投資総額 2年前に比べ25%増の22兆8900億㌦に。日本はこの間、67.6倍の急成長で4736億㌦に。非営利団体GSIAのグローバル調査(RIEF)

2017-03-30 23:18:29

SRI1キャプチャ      サステナブル投資の非営利団体「Global Sustainable Investment Alliance (GSIA)」は、2016...
詳しく見る

論文「日本のエネルギー・ミックスおよび温室効果ガス排出削減数値目標策定プロセスにおける課題と今後の建設的議論のための提言」 (JUST)

2017-03-27 16:54:39

JUSTキャプチャ     日本のエネルギー・ミックスと温暖化対策数値目標を考える研究者グループ(Japan’s Union of ...
詳しく見る

銀行の低炭素政策・マネジメントをチェックする投資家向けの「ガイドライン」公表。英非営利団体ShareActionが作成(RIEF) 

2017-02-23 18:21:15

shareactionキャプチャ     気候変動対策への銀行の役割の重要性に関心が集まっているが、年金等の投資家が銀行の気候変...
詳しく見る

RIEF論文:「気候変動における不確実性問題:気候感度に関する最新の科学的知見を中心に」(明日香壽川東北大教授)

2017-02-23 15:44:04

Asukaキャプチャ    気候変動問題を科学的に研究・検証する際、「不確実性」の問題が浮上する。気候変動自体が人類の経...
詳しく見る

資料:金融安定理事会(FSB)気候関連財務情報開示タスクフォースの提言案(FSB TCFD)

2017-02-02 22:28:25

FSB2キャプチャ  各国の金融監督機関で構成する金融安定理事会(FSB)の要請で、気候変動関連のリスクオポチュニティ情...
詳しく見る

資料:世界の石炭ビジネスと政策の動向~パリ協定後の投融資を誤らないために~(自然エネルギー財団)

2017-01-31 21:15:54

sizennenergキャプチャ    パリ協定成立前後より、世界では石炭関連ビジネスからの離脱が急速に進んでいます。米国や中国...
詳しく見る
2 / 512345