HOME |出版・論文・資料|

出版・論文・資料

出版・資料室

資料:欧州委員会「サステナブルファイナンス・ハイレベル専門家グループ(HLEG)」中間報告

2017-07-23 14:20:50

EUHLEGキャプチャ    欧州委員会の「サステナブルファイナンス・ハイレベル専門家グループ(HLEG)」は、低炭素化、...
詳しく見る

金融安定理事会(FSB)が、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)最終報告公表。7月上旬のドイツでのG20首脳会議で報告へ(RIEF)

2017-06-29 18:30:15

TCFD1キャプチャ    各国の金融監督当局で構成する金融安定理事会(FSB)は29日、「気候関連財務情報開示タスクフ...
詳しく見る

Discussion Paper:「ESGに係るリアルオプション価値の統合報告ー開示インセンティブの制度補完も視野にー」越智信仁(尚美学園大学教授)

2017-06-29 13:04:35

ochiキャプチャ    本稿の目的は、シグナリング理論が正当性理論を包摂して拡張するための開示インセンティブ付与...
詳しく見る

主要国際金融機関37行の石炭等化石燃料関連融資、2016年は前年比22%減。日本勢は過去3年ではMUFG、過去6年ではみずほFGがトップ。国際NGOらが調査報告(RIEF)

2017-06-22 21:16:34

RAN1キャプチャ     国際環境NGOのRainforest Action Network (RAN)など主要NGOグループは、世界の主要銀行37行...
詳しく見る

RIEF論文: 「グリーンボンドが新たな資本市場として成長するための課題」(藤井良広氏)

2017-05-30 18:34:35

fujii5キャプチャ    地球温暖化対策へ民間資金を導入する金融ツールとして、グリーンボンドに注目が集まっている。...
詳しく見る

CPLCの「カーボン価格化ハイレベル委員会」 パリ協定の目標達成のためのカーボン価格、トン当たり「2020年に40~80㌦、2030年に50~100㌦」を提示(RIEF)

2017-05-29 21:47:08

carbonprice1キャプチャ    各国政府など官民で構成する「Carbon Pricing Leadership Coalition(CPLC)」によるカーボン...
詳しく見る

Report: Investigative Research Report Concerning the Desirable State of Efforts and Partnerships with International Organizations, the Government, and the Industrial World Aimed at Resolving Social Issues (Such As the SDGs) (CSR FORUM, JAPAN)

2017-05-22 17:02:49

CSR2キャプチャ     Since the holding of CSR Forum Japan in the fiscal year2004, Business Policy Forum, Jap...
詳しく見る

資料:企業活力研究所「CSR研究会」 2016年度報告書。「社会課題(SDGs等)解決に向けた取り組みと国際機関・政府・産業界の連携のあり方」

2017-05-22 16:49:32

CSR研キャプチャ    一般財団法人企業活力研究所は、2003年度から、CSR研究会において、企業のCSR活動について多様...
詳しく見る

資料:第八回RIEF勉強会「気候関連財務情報開示に関する国際的論議動向」(東京海上ホールディングス:長村政明氏)

2017-05-10 18:03:24

nagamuraキャプチャ    一般社団法人環境金融研究機構(RIEF)は2017年4月21日(金)午後6時から、上智大学で第8回勉...
詳しく見る

昨年の世界の新規再エネ投資、前年比23%減の一方で、追加発電量は過去最高。再エネ事業の経済効率性向上を立証。日本は再エネ政策の“失敗”で新規発電量も減少。UNEPなどの共同調査で判明(RIEF)

2017-04-10 20:43:49

UNEP1キャプチャ    国連環境計画(UNEP)などによると、昨年中の世界での新規の再生可能エネルギー投資額は、前年...
詳しく見る