HOME |1. 銀行|

1. 銀行

城南信用金庫 国内金融界で初めて「RE100」イニシアティブに加盟。2050年までに消費電力をすべて再エネ電力に切り替え(RIEF)

2018-05-28 09:52:19

jyounanキャプチャ     城南信用金庫(東京都品川区)は、日本の金融機関として初めて、事業活動で消費する電力を100...
詳しく見る

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)、新たな「環境・人権方針」制定。初の新規石炭火力発電向け融資の基本姿勢を明記。OECD公的輸出信用アレンジメント等を参考に(RIEF)

2018-05-26 00:44:03

25日MEGAキャプチャ    三菱UFJ フィナンシャル・グループ(MUFG)は、環境・社会課題解決に貢献する基本方針として「...
詳しく見る

三菱UFJなど3メガバンク、「気候変動リスク」情報を、今夏開示の2017年度有価証券報告書で初開示の方向。TCFDの勧告を踏まえ(各紙)

2018-05-23 18:59:18

FSAキャプチャ     各紙の報道によると、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)、三井住友フィナンシャルグル...
詳しく見る

三井住友フィナンシャル・グループ。國部社長が、石炭火力発電への融資見直しを示唆、「さらなる厳格化を検討」と報道(RIEF)

2018-05-17 23:17:47

SMBCキャプチャ     各紙の報道によると、三井住友フィナンシャルグループ(SMBC)は、石炭火力発電事業への融資...
詳しく見る

大分の焼酎カスでバイオガス発電所建設。未来電力(大分県宇佐市)が7月にも稼働へ。総事業費10億円、大分銀行が融資(RIEF)

2018-04-28 00:39:26

mirai1キャプチャ    大分県のエネルギー企業、未来電力(大分県宇佐市)は、焼酎カスを燃料としたバイオガス発電所...
詳しく見る

国連環境計画金融イニシアティブ(UNEP FI)、米シティなど16の銀行との協働作業で、TCFD勧告に沿う銀行業の気候リスク対応の方法論の報告書公開(RIEF)

2018-04-27 22:29:18

unepfi1キャプチャ   国連環境計画(UNEP)金融イニシアティブ(FI)は各国の16の銀行と共同で、気候財務情報開示タスクフ...
詳しく見る

トルコでの日本の官民共同の原発輸出計画から、伊藤忠が離脱。安全対策費用増大で採算性に疑念。東電福島事故の教訓を無視した事業計画が露呈。三菱重工の対応が迫られる(各紙)

2018-04-25 12:13:51

CI2キャプチャ    各紙の報道によると、三菱重工業など日本の官民がトルコで進めていた原子力発電所の建設計画か...
詳しく見る

アジア・太平洋の環境NGOが、日本の官民共同プロジェクトのベトナムでの石炭火力発電事業はパリ協定逆行し、エクエーター原則にも反すると、共同で緊急要請書を提出(RIEF)

2018-04-20 10:26:43

3501キャプチャ     国際協力銀行(JBIC)は、丸紅などがベトナムで計画するギソン第2石炭火力発電所事業に約5億6...
詳しく見る

三井住友信託銀行 稼働中の太陽光発電事業に投資する初の信託方式のファンド立ち上げ。150億円規模(RIEF)

2018-04-18 11:14:02

Sumi2キャプチャ    三井住友信託銀行は、稼働済みの太陽光発電事業に投資する信託方式のファンドを組成する。太陽...
詳しく見る

日本リテールファンド投資法人(JRF)、J-REIT初のグリーンボンド発行へ。発行上限は1400億円。保有不動産物件および新規取得物件のファイナンスに適用(RIEF)

2018-04-17 12:23:21

JRF2キャプチャ    不動産投資法人(J-REIT)大手の日本リテールファンド投資法人(JRF)は、J-RIETとして初とな...
詳しく見る