HOME |10.電力・エネルギー|

10.電力・エネルギー

丸紅と中部電力、トラック・バス等の大型車両電動化のワンストップサービス提供の新会社設立。電動車の選定から充電設備の整備まで。2021年度に営業開始へ(RIEF)

2020-02-21 13:19:30

EVキャプチャ    丸紅と中部電力は、トラックやバス等の大型車両向けの電動化(EV化)を推進する新会社「合同会...
詳しく見る

福島県での国内最大級のバイオマス発電事業、燃料のバイオマスは米国エンビバ社から輸入へ。米国でも生態系破壊の指摘(RIEF)

2020-02-17 15:54:18

Able2キャプチャ       プラント事業のエイブル(福島大熊町)は、同県いわき市の工業団地で計画中の国内最大級のバ...
詳しく見る

石炭火力発電等の化石燃料焼却による大気汚染で、世界中で年450万人が早死。経済的損失額は一日80億㌦、年2兆9000億㌦(約320兆円)。日本の損失も14兆円強。環境NGOらが調査(RIEF)

2020-02-17 08:00:24

Crea1キャプチャ     石炭火力発電等の化石燃料焼却が原因で発生する大気汚染によって、毎年世界で450万人が早死し...
詳しく見る

丸紅、石炭火力発電所などから排出されるCO2を回収・再利用する「カーボン・リサイクル」事業に進出。英専門企業に出資。グローバルに事業化目指す(各紙)

2020-02-17 07:37:37

CCSキャプチャ    各紙の報道によると、丸紅は、石炭火力発電所などで発生するCO2を回収して再利用する「カーボ...
詳しく見る

英石油メジャーBP、事業活動・石油・ガス採掘からの温室効果ガス排出量を2050年までに「ネットゼロ」化する目標発表。メタン排出量は2023年までに50%削減(RIEF)

2020-02-13 11:40:14

BP2キャプチャ  英石油メジャーのBPは12日、2050年までに事業活動で生じるCO2等の温室効果ガスの排出量を、ネットゼロ...
詳しく見る

世界のエネルギー由来のCO2排出量、3年ぶり前年比横ばい。先進国での再エネ等が効果。ただ気候変動激化に対処するには限定的。さらなる削減が必要。国際エネルギー機関(IEA)指摘(RIEF)

2020-02-12 17:48:25

IEAC1キャプチャ     国際エネルギー機関(IEA)は11日、世界のエネルギー由来のCO2排出量が2019年には、前年比横...
詳しく見る

東京商品取引所の電力先物市場、「東高西低」の価格差薄れる方向に。九電、関電等のテロ対策遅れによる原発停止が影響。原発リスクが電力価格の主要変動要因であることを映す(各紙)

2020-02-11 23:31:03

future4キャプチャ    各紙の報道によると、東京商品取引所の電力先物市場で、「東高西低」とされる電力価格の構図が...
詳しく見る

テス・エンジニアリング等3社共同で、竹を燃料とする木質バイオマス温水ボイラー開発。竹燃焼の最大課題の「クリンカ発生」を制御。全国の「放置竹林」をエネルギー化(RIEF)

2020-02-10 22:01:07

tes1キャプチャ    再エネや省エネを専門とするエンジニアリング会社の「テス・エンジニアリング(大阪市)は、再...
詳しく見る

トヨタ自動車、船舶用の燃料電池(FC)開発。フランスの再生可能エネルギーで世界一周を目指す船に搭載。燃料電池の新たな市場としての期待も(RIEF)

2020-02-07 12:57:43

toyota1キャプチャ    トヨタ自動車は、船舶用の燃料電池(FC)を世界で初めて開発し、再生可能エネルギーで世界一周...
詳しく見る

福島・浪江町で建設中の太陽光発電電力活用の水素製造プラント水素製造(PtG)、今月末に完成。燃料電池車等に供給するほか、東京オリンピック・パラリンピックにも供給(各紙)

2020-02-06 13:34:40

suiso1キャプチャ     各紙の報道によると、福島県浪江町で建設を進めている太陽光発電を活用した水素製造のプロジ...
詳しく見る