HOME |10.電力・エネルギー|

10.電力・エネルギー

大林組、茨城県神栖市で大規模バイオマス専焼発電所建設へ。発電容量51.5MW。東洋エンジニアリングが再熱方式の発電設備を受注(RIEF)

2018-06-08 17:00:32

kamisuキャプチャ     大林組は茨城県神栖市に、発電能力51.5MWの大規模バイオマス発電所を建設すると発表した。発電...
詳しく見る

セブン―イレブン、トヨタの燃料電池トラック(FC)を配送に導入。店舗にはFC電池やハイブリッド車の使用済バッテリーも。「トヨタの技術」でCO2削減へ(RIEF)

2018-06-07 18:21:07

FC1キャプチャ  セブン―イレブン・ジャパンはトヨタ自動車と連携し、トヨタの燃料電池車(FC)トラックをセブンの配送...
詳しく見る

再エネ等のグリーンエコノミー企業のグローバルな市場価値、世界全体の株式市場の約6%、総額4兆㌦を占める。化石燃料関連産業とほぼ同規模。(RIEF)

2018-06-07 00:35:26

FTSE3キャプチャ    世界のグリーンエコノミー分野の市場価値が、化石燃料関連分野とほぼ同規模になったことがわか...
詳しく見る

東京都とスパークスAMによる官民連携インフラファンド第一号、元本の1.6倍の投資リターンで、清算完了。全国12カ所に合計約100MWの太陽光発電所に投資(RIEF)

2018-06-06 23:14:52

sparks1キャプチャ    東京都は2012年からスパークス・アセット・マネジメントと進めてきた官民連携インフラファンド...
詳しく見る

大規模太陽光発電所の建設も、環境アセスメント法の対象に。日本野鳥の会が要望。各地で自然保護・防災、住民トラブル等50件発生(RIEF)

2018-06-06 12:00:50

yachouキャプチャ    日本野鳥の会(東京)は、自然環境の豊かな地域での大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設...
詳しく見る

仙台で計画中だった住友商事による石炭火力発電所計画、バイオマス専焼発電に変更。住民、自治体の反対に配慮。石炭火力推進路線に一石(RIEF)

2018-06-03 21:10:26

sendai2キャプチャ    仙台市の仙台港で石炭火力発電所新設を計画していた住友商事は1日、石炭火力からバイオマス専...
詳しく見る

自然エネルギー財団、日本の石炭火力新規増設でCO2排出量は、パリ協定の目標の3倍も増大。既存の石炭火力発電所も早期停止が必要。エネルギー政策の転換の必要性を強調(RIEF)

2018-05-31 00:41:10

Climateanalyticsキャプチャ    公益財団法人自然エネルギー財団は、欧州の政策研究所、クライメイト・アナリティクス(Climat...
詳しく見る

小水力発電からで水素を製造、電力だけでなく熱利用に効率活用。国内初の実証実験が北海道・釧路市で開始(RIEF)

2018-05-30 15:28:24

toshiba2キャプチャ     東芝エネルギーシステムズは岩谷産業と連携し、北海道釧路市で小水力発電を利用した水素サプ...
詳しく見る

世界最軽量、ワイヤレスで給電できるハエのような飛行マシン開発。農作物のモニタリングや、狭小部の配管等の検地などへの応用に期待(Newsweek)

2018-05-29 16:42:01

fly1キャプチャ     米ワシントン大学の研究チームは、2018年5月、ハエの形状に似た世界最軽量のワイヤレス給電...
詳しく見る

「シェール革命は、米国以外では起こりにくい」とする報告書を国連貿易開発会議(UNCTAD)が公表。フラッキング規制、水資源確保、投資資金などがネック(RIEF)

2018-05-29 00:37:18

shalegasキャプチャ     米国はシェールガス・油開発でエネルギー輸出国に転じた。「シェール革命」の成功とされる。シ...
詳しく見る
3 / 52212345...102030...最後 »