HOME |12.その他|

12.その他

NTT、自然界で分解する無害な電池開発、その名も「ツチニカエルでんち」。IoT時代のセンサー・電池多様利用でも環境に優しく(RIEF)

2018-02-22 17:02:06

NTT2キャプチャ    日本電信電話株式会社(NTT)は、IoT(モノのインターネット)化で生活・社会の各所で電池の使...
詳しく見る

2017年の「腐敗認識指数」、最もクリーンな国は、前年同様ニュージーランド。最下位はアフリカのソマリア。日本は20位でそこそこだが、アジアで3番手。NGO「トランスペアレンシーI」の調査(RIEF)

2018-02-22 15:46:57

ti1キャプチャ     世界各国の腐敗や汚職を監視する非政府団体(NGO)「トランスペアレンシー・インターナショナ...
詳しく見る

東シナ海で沈没したイランの石油タンカー「Sanchi」号からの流出油、奄美大島の海岸に大量漂着。オオミズナギドリの死骸も。グリーンピース調査(RIEF)

2018-02-20 07:10:30

oil7キャプチャ     東シナ海の中国沖で衝突・沈没したイランの石油タンカー「Sanchi」号から大量の軽質原油コンデンセ...
詳しく見る

南極のペンギン、今世紀末には現在の3分の1に減少の可能性。エサとなるオキアミが温暖化の影響と、過剰漁業で減少の見込み。米研究で明らかに(RIEF)

2018-02-16 17:23:56

penguin1キャプチャ    南極のペンギンが今世紀末に、現在の3分の1にまで減少する可能性が出てきた。気候変動の影響と...
詳しく見る

携帯電話やデジカメなどの使用済小型家電から回収した都市鉱山の「金」で、京の夏の風物詩、祇園祭の山鉾の金工品の修復・新調に充当(RIEF)

2018-02-15 23:20:25

kyoto2キャプチャ    京都市は、市民から集めた携帯電話やデジタルカメラなどの使用済小型家電から回収した金を使っ...
詳しく見る

オーストラリアのカキなどの貝礁、事実上すべて消滅。海洋汚染の影響か。貝礁の劣化は、海洋生態系を危機に陥れるほか、蓄積した炭素排出増加を引き起こし、温暖化加速要因の恐れも(AFP)

2018-02-15 18:17:23

kaki1キャプチャ    【2月15日 AFP】カキ礁やイガイ礁など、オーストラリアの貝礁が事実上すべて消滅したとする研...
詳しく見る

南スーダンでも職員が性的暴行か、英NGOオックスファムの疑惑拡大。国際部門代表の汚職疑惑も浮上(AFP)

2018-02-14 19:32:53

Oxfarm1キャプチャ    【2月14日 AFP】英国を拠点とする国際NGO「オックスファム(Oxfam)」の職員が、2010年の大地震...
詳しく見る

英NGOのオックスファムの幹部、2010年のハイチ大地震の復興支援で児童買春か(?)。セーブ・ザ・チルドレンでも不正活動発覚。英NGOの不祥事相次ぐ(RIEF)

2018-02-13 17:58:45

Oxfamキャプチャ     英国の非政府組織(NGO)のオックスファムの男性の幹部職員が、2010年に発生したハイチの大地...
詳しく見る

太陽光発電と微生物処理を組み合わせた「完全自動水洗トイレ」開発。電源も、上下水道も不要。九州・福岡の「ニシム電子工業」(RIEF)

2018-02-11 09:43:27

toileキャプチャ      太陽光を利用した独立電源システムと、微生物分解処理を組み合わせた「完全自動処理型水洗ト...
詳しく見る

「沈みゆく島国」ツバル、実は国土が拡大していた。ニュージーランドの研究で指摘(AFP)

2018-02-10 17:23:07

tubaruキャプチャ    【2月10日 AFP】気候変動に伴う海面上昇によって消滅すると考えられてきた太平洋の島しょ国ツ...
詳しく見る
3 / 23012345...102030...最後 »