HOME |4.市場・運用|

4.市場・運用

東京都の再エネファンド、宮城県名取市での震災被災高校跡地での太陽光発電事業に出資。12件目の投資。事業主体は日本アジアグループで、出力26.3MW(RIEF)。

2018-04-26 11:25:08

natoriキャプチャ     東京都は、再生可能エネルギー発電の広域普及を目的として展開している官民連携再生可能エネ...
詳しく見る

米サステナブル会計基準審議会(SASB)の創始者、ジーン・ロジャースさんが退任。SASB基準の本番適用を見届ける形で(RIEF)

2018-04-26 07:11:56

SASB4キャプチャ      米サステナブル会計基準審議会(SASB)の創設者であり、SASB基準理事会の議長を務めていたジ...
詳しく見る

北極海氷中に、マイクロプラスチック蓄積 「重大な汚染源」に。レジ袋や魚網など17種の由来源。極めて微細で、海洋生物に摂取される可能性も。ドイツ極地海洋研究所が調査(AFP)

2018-04-25 22:58:15

Arcticキャプチャ           ドイツのアルフレッドワグナー極地海洋研究所(AWI)は、北極圏の海氷中にマイクロプラスチ...
詳しく見る

GPIF、世銀との共同研究「ESG要因を債券投資に統合する報告書」を公表。ESG要因の標準化促進、グリーンボンドのような革新的商品開発の必要性を提言(RIEF)

2018-04-25 14:33:15

GPIF1キャプチャ     年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は世界銀行グループと取り組んできた環境・社会・ガ...
詳しく見る

トルコでの日本の官民共同の原発輸出計画から、伊藤忠が離脱。安全対策費用増大で採算性に疑念。東電福島事故の教訓を無視した事業計画が露呈。三菱重工の対応が迫られる(各紙)

2018-04-25 12:13:51

CI2キャプチャ    各紙の報道によると、三菱重工業など日本の官民がトルコで進めていた原子力発電所の建設計画か...
詳しく見る

2016年度の国内温室効果ガス排出量の確報値。前年度比1.2%減、3年連続減少。再エネ普及や原発再稼働などが効果、と環境省。京都議定書の基準年比では2.7%増(RIEF)。

2018-04-24 21:10:31

CO21キャプチャ    環境省は24日、2016年度の国内の温室効果ガス排出量の確報値を公表した。それによると、CO2換...
詳しく見る

環境省、タイでのプロジェクトでJCMクレジット発行。11件目。クレジット総量1万㌧を超す(RIEF)

2018-04-24 15:48:09

JCM3キャプチャ    環境省は、日本とタイの間で二国間クレジット制度(JCM)による初めてのクレジットが発行され...
詳しく見る

ブルームバーグ氏、国連気候変動事務局の米国分担金の6割(450万㌦)を寄付。トランプ政権がパリ協定を離脱しても「米国の約束は変わらない」。アースデー(地球の日)に宣言(RIEF)

2018-04-24 07:20:55

Bloombergキャプチャ    国連の気候行動特別大使であるマイケル・ブルームバーグ氏は、24日のアースデー(地球の日)に...
詳しく見る

太平洋ゴミベルト、その面積は日本の倍以上。プラスチックゴミの総数1.8兆個。46%が漁網、東日本大震災で日本から流出したゴミが全体の10~20%(National Geographic)

2018-04-23 15:21:53

pra1キャプチャ     太平洋ゴミベルトは世界でもっとも多くのゴミが漂う海域だ。米国カリフォルニアとハワイの間...
詳しく見る

社会的リスク・オポチュニティ要因が、グローバル企業の信用格付にどう影響するか。S&Pが分析。社会的リスクは環境リスクよりも顕在化頻度は少ないが、格付への影響はより大きい(RIEF)

2018-04-23 08:30:18

S&P4キャプチャ    米格付機関のS&P Global Ratingsは、ESG要因のうち、「S」の社会的リスクとオポチュニティ...
詳しく見る