HOME |5. 政策関連|

5. 政策関連

グリーンボンドのISO規格化作業、専門委段階から委員会段階へ移行。3分野に分けて規格化目指す(RIEF)

2018-05-30 14:48:28

ISOキャプチャ    グリーンボンドの国際規格化の作業を進めている国際標準化機構(ISO)の14030規格化の作業は、...
詳しく見る

欧州委員会、プラスチック汚染対策で、EU全域での使い捨てプラスチック製品の使用禁止と、2025年までのプラスチックボトルの9割回収を法制化提案(RIEF)

2018-05-29 15:58:49

plastic1キャプチャ    欧州委員会は28日、プラスチック汚染の拡大を防止するため、使い捨てのストロー、フォークやス...
詳しく見る

年金資産運用でのESG要因を評価する受託者責任に関連して、米労働省が新実務指針。「ESG要因を重視し過ぎることは避けるべき」。ESG投資ブームに警鐘(RIEF)

2018-05-29 14:51:01

EBDR     ESG投資が内外でブーム化しているが、米労働省(DOL)がブームの高揚を冷ますような解釈指針...
詳しく見る

欧州の農民や市民が連帯し、EUの温暖化目標は不十分として規制強化を求める訴訟を欧州司法裁判所に提起。日本の2030年目標より厳しいEU目標でも、気候変動は防げない、と指摘(RIEF)

2018-05-27 00:32:19

EU8キャプチャ    欧州の農業関係者や市民らが、EUを相手取り、気候変動対策が不十分だとして、欧州司法裁判所に...
詳しく見る

金融庁、UNEP主導の「持続可能な保険フォーラム(SIF)」に参加、リオ会議に出席。TCFDのシナリオ分析開発で共同作業を確認(RIEF)

2018-05-25 22:46:39

SIF1キャプチャ   (写真は、ブラジル・リオで開いた第4回SIF会合。日本の金融庁の参加者も見える)
詳しく見る

欧州委員会、サステナブルファイナンス市場づくりへ、4項目の法制化案を公表。「グリーンの定義分類などのタクソノミー整備」「ESG要因を投資判断に統合義務化」など。EUがサステナブル市場を牽引へ(RIEF)

2018-05-25 19:07:46

Valdis Dombrovskis     欧州委員会は24日、EU域内でのサステナブルファイナンスの取り組みを推進する法整備案をまと...
詳しく見る

排出権取引やカーボン税で価格付けされたカーボン総量、今年は世界全体で前年比56%増と急増、820億㌦に。温暖化対策の需要増加を反映。価格自体は依然低い水準(RIEF)

2018-05-22 23:41:07

cabon3キャプチャ    CO2排出削減のために世界各国で実施されているカーボン排出権取引制度(C&T)とカーボン税...
詳しく見る

農林水産省、ソーラーシェアリング促進のため、農地の一時転用期間を3年から10年に延長。支柱の高さは2m以上に(RIEF)

2018-05-22 08:11:47

solasharing1キャプチャ    農林水産省は、太陽光発電事業と農業を両立できる営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)を...
詳しく見る

欧州委員会 英独仏など6か国の大気汚染改善の不十分さを欧州司法裁判所に提訴。気候変動対策に熱心なEUの"汚点”と担当欧州委員が批判(RIEF)

2018-05-19 14:00:53

EUキャプチャ      欧州委員会(European Commission)は17日、英、独、仏などEUの6加盟国を、大気汚染の改善が...
詳しく見る

欧州連合(EU)の排出権価格(EUA)、7年ぶりに㌧当たり15ユーロ台を回復。温暖化対策の広がりと、エネルギー価格の回復を反映。温暖化対策の費用対効果を高める(RIEF)

2018-05-18 20:32:54

EUA1キャプチャ    低迷を続けていた欧州連合(EU)の温暖化ガス排出権取引(C&T)価格が、今週になって、約7...
詳しく見る