HOME |5. 政策関連|

5. 政策関連

OECD、「サステナブル・タクソノミー」の調査・整理プロジェクトを開始。EU、ISOなどの基準化の共通点、相違点、ギャップを点検。中国の「クリーンコール」も焦点に(RIEF)

2019-04-17 23:35:51

OECD4キャプチャ    経済協力開発機構(OECD)は、グローバルベースで地域ごとのサステナブル・タクソノミー(事業...
詳しく見る

2017年の日本の温室効果ガス排出量、前年比1.2%減の12億9200万㌧(確報値)。4年連続下減少。ただ1990年比では1.3%増(RIEF)

2019-04-17 11:26:16

GHG2017キャプチャ    環境省は16日、2017年度の日本の温室効果ガス(GHG)排出量の確報値を公表した。それによると...
詳しく見る

気候変動対策の遅れで「絶滅の危機」に直面する庶民・弱者の「反乱」が英国中心に展開。仏「黄色いジャケット」、スウェーデンの「グレタさん」等の直接行動さらに広がる(RIEF)

2019-04-16 22:56:39

「絶滅への反乱」の意思表示をする人々    フランスの「黄色いジャケット」運動や、スウェーデンのグレタ・ツゥーンベリさんによる「気候...
詳しく見る

国際会計基準審議会(IASB)のフーガホスト議長。サステナビリティ報告書への過大な評価に警鐘。評価基準のバラつき、政策変更への過剰な期待。グリーンウォッシュの懸念も(RIEF)

2019-04-15 08:49:31

IFSA8キャプチャ  国際会計基準審議会(IASB)議長のハンス・フーガホスト氏(Hans Hoogervorst)は、サステナビリティ...
詳しく見る

東京都、都内の公立小中学校で、給食で配布する牛乳パックのプラスチックストローを止め、コップへの移し替え試行。洗って使える「マイストロー」も実験。成果を見て全校に拡大へ(各紙)

2019-04-13 21:34:19

pacキャプチャ  各紙の報道によると、東京都は廃プラスチック削減対策として、都内の公立小中学校の給食で使うプラス...
詳しく見る

世界貿易機関(WTO)上級審、福島事故による日本からの水産物禁輸措置を続ける韓国を支持。国際的には原発汚染への懸念が消えていないことを認める(各紙)

2019-04-13 01:18:02

fukushima12キャプチャ    各紙の報道によると、世界貿易機関(WTO)の紛争処理の「二審」に当たる上級委員会は11日(日...
詳しく見る

千葉県、第3次環境基本計画始動へ。10年後(2028年度)に、県内再エネ発電量を8割増に。県民全世帯の4割強の電力を再エネ化(RIEF)

2019-04-10 22:21:13

CHIBAyamakuraキャプチャ    千葉県は今月から、2028年度を目標年度とする第3次環境基本計画(期間10年)を始動させた。太...
詳しく見る

オランダ政府、初の「トリプルAグリーンボンド国債」発行へ。約40億~60億ユーロの大型起債。予算に組み込み(RIEF)

2019-04-09 17:25:58

dutch1キャプチャ    オランダ財務省は、同国として初となる期間20年のグリーンボンド国債を5月21日に発行すると公...
詳しく見る

経団連、「電力システム再構築」で提言。再エネ投資の大半は「持続可能ではない」とFIT制度改革を求め、原発再稼動促進と、発電稼動期間の80年延長の検討等を盛り込む(RIEF)

2019-04-09 14:35:20

nakanisi2キャプチャ    経団連は8日、電力システムの再構築に向けた提言を発表した。その中で、再生可能エネルギー発...
詳しく見る

欧州中央銀行による量的緩和策の社債購入プログラム(CSPP)、全体の6割強が高カーボン集中企業から購入。金融政策と温暖化政策の不一致露呈。欧州NGOとシンクタンクが報告(RIEF)

2019-04-08 08:30:18

ECB3キャプチャ    欧州中央銀行(ECB)の量的緩和政策が、温暖化対策と逆行している、と指摘する報告が出た。量...
詳しく見る
3 / 11212345...102030...最後 »