HOME |5. 政策関連|

5. 政策関連

東京都 2回目のグリーンボンド発行、5年物と30年物、合計100億円。GBP適合。セカンドオピニオンで独機関が「資金使途先のオリンピック競技場建設での木材調達問題へ対応」要請(RIEF)

2018-10-22 15:06:03

tokyotoキャプチャ    東京都は昨年に続いて、グリーンボンドの発行を決めた。ボンドは期間5年ものと30年ものの2種類...
詳しく見る

証券監督者国際機構(IOSCO)、サステナブルファイナンスネットワーク(SFN)立ち上げ。証券当局の視点でサステナビリティ促進。スウェーデンが議長に(RIEF)

2018-10-22 07:32:19

IOSCO1キャプチャ        国際的な証券監督機関で構成する「証券監督者国際機構(International Organization of Sec...
詳しく見る

オランダ中央銀行 銀行、保険、年金の各金融機関の「エネルギー・ストレステスト」結果を公表。政策変更リスクなどで、金融機関平均で10%の資産損失リスク判明(RIEF)

2018-10-18 22:46:03

DNA5キャプチャ    オランダの中央銀行である「De Nederlandsche Bank (DNB)」は、同国の銀行、保険、年金基金...
詳しく見る

英国の金融機関監督機関のPRA(健全性規制機構)、銀行と保険会社向けの気候変動リスクの金融リスク評価のガイドライン案を公表。義務的開示より、「役員会レベル」での対応を重視(RIEF)

2018-10-17 23:05:05

PRA4キャプチャ    英イングランド銀行(BOE)傘下で金融機関の健全性をチェックする「健全性規制機構(Prudential...
詳しく見る

九州電力、太陽光発電事業者への7時間の出力制御を初実施。14日も継続。国の再エネ政策と、既存電力網の制御力のギャップ露呈。電力網の分散化、公的蓄電設備の整備等、抜本改革が必要(RIEF)

2018-10-13 13:25:16

kyuden4キャプチャ     九州電力は13日、太陽光発電の一部の事業者を対象に、発電を一時停止を指示する「出力制御」...
詳しく見る

オーストラリアのモリソン首相、パリ協定からの離脱は否定するも、国連の「緑の気候基金(GCF)」への資金拠出拒否を宣言。トランプ政権に次ぐ動きで、途上国の温暖化対策支援継続に難題(RIEF)

2018-10-11 13:32:53

Morrisonキャプチャ    オーストラリアのスコット・モリソン首相は、国連の「緑の気候基金(Green Climate Fund : GCF)」...
詳しく見る

オランダ政府の温暖化対策の遅れを訴えた「気候訴訟」、控訴審も原告側が勝利。裁判所が、政府の政策責任の不備是正を指示。各国の温暖化訴訟に大きな影響。日本はどうか(RIEF)

2018-10-10 23:40:37

Nertheland13キャプチャ    政府の気候変動対策が不十分だとして環境団体が政府を訴えたオランダの「気候訴訟」で、ハーグ...
詳しく見る

霞が関主導で、官民連携のグリーンファイナンス・ネットワーク(GFNJ)立ち上げへ。発起人に玉木林太郎氏と末吉竹二郎氏。11月に発足の会議開催(RIEF)

2018-10-10 08:45:26

zaimushoキャプチャ    霞が関のイニシアティブで、グリーンファイナンスを日本で普及させることを目指した官民ネット...
詳しく見る

温暖化対策による省エネ規制強化に対応できない不動産の「座礁資産リスク」の計測ツールを独資産運用会社が開発。政府規制と整合する不動産ポートフォリオを分析。無料で提供(RIEF)

2018-10-10 07:55:52

Union1キャプチャ    ドイツの資産運用会社のUnion Investmentは、商業用不動産物件が温暖化対策の不備で物件価値が...
詳しく見る

米SECに対し、米著名会計学者やカルパースなどの年金基金等が、ESG情報の義務的開示フレームワークを出すよう要請文を提出(RIEF)

2018-10-04 22:10:03

SEC2キャプチャ     米国の著名な会計学者ら15人と、カリフォルニア州職員退職年金基金(CalPERS)など総額5兆㌦...
詳しく見る