HOME |6. 外国金融機関|

6. 外国金融機関

英金融サービス大手のリーガル&ジェネラルグループの投資部門LGIM。日本郵政、SUBARUを含むグローバル企業8社を気候変動対応不足を理由に、Divestment(投資引き揚げ)実施(RIEF)

2018-06-16 23:32:32

L&G3キャプチャ       欧州2位の投資ファンド、英リーガル・アンド・ジェネラル・インベストメント・マネジメント...
詳しく見る

欧州委員会、サステナブルファイナンス行動計画実現のため、新たに技術専門委員会(TEG)立ち上げ。HLEGを引き継ぎ、35人の専門家選出。来年6月までに対策具体化(RIEF)

2018-06-15 23:52:50

EUTCGキャプチャ    欧州委員会はサステナブルファイナンスやグリーンボンド等のEU基準を策定するための技術専門委...
詳しく見る

オランダの総合化学メーカーのロイヤルDSM(DSM)、GHG削減とリンクした「リボルディング・クレジット・ファシリティ(RCF)」導入。10億ユーロ、期間5年(RIEF)

2018-06-15 22:53:50

DSMキャプチャ    企業の温室効果ガス(GHG)排出量の削減によって金利を連動して上下させる融資枠が開発された...
詳しく見る

グリーンボンド原則(GBP)香港で年次総会。グリーンボンドの外部評価についてガイドラインを公表。アジアで初の年次総会(RIEF)

2018-06-14 15:53:56

GBP11    市場ベースでのグリーンボンド基準を提供しているグリーンボンド原則(GBP)は14日、香港で年...
詳しく見る

シンガポール金融管理局(MAS)、シンガポールをサステナブルファイナンスのアジアのハブ化目指し、国際金融公社(IFC)と覚書、WWFのマルチステークホルダー活動も支援(RIEF)

2018-06-11 08:04:59

Mas1キャプチャ    シンガポール金融管理局(MAS)は、アジアでのサステナブルファイナンス市場のハブ化で競う香...
詳しく見る

フィンランドのナスダック・ヘルシンキ取引所、初の「サステナビリティボンド上場部門」設定。公的機関のMuniFinが第一号の上場(RIEF)

2018-06-08 23:23:33

helsinkiキャプチャ     フィンランドの証券取引所であるナスダック・ヘルシンキは、グリーンボンドやソーシャルボン...
詳しく見る

中国銀行(BOC)アジアで日本以外では初となるサステナビリティボンド発行へ。香港㌦建てのオフショア発行。再エネ事業等のほか、地域の基本インフラ整備などグローバルに展開へ(RIEF)

2018-06-02 17:13:56

BOCキャプチャ     中国の中国銀行(Bank of China:BOC)は、日本以外ではアジアではじめとなるサステナビリテ...
詳しく見る

仏資産運用大手のアムンディ、ESG運用・責任投資の経営責任者として「最高責任投資責任者(CRO)」のポストを初設定(RIEF)

2018-06-01 17:27:20

stanキャプチャ      欧州最大の運用資産額を持つフランスの資産運用会社のアムンディ(Amundi)は、新たに最高責...
詳しく見る

国連環境計画・金融イニシアティブ(UNEP FI)署名の26金融機関が、「責任ある銀行原則(PRB)」立ち上げへ。SDGsとパリ協定の目標達成を目指す。日本の銀行の姿無し(RIEF)

2018-05-31 22:50:37

UNEP2キャプチャ      国連環境計画・金融イニシアティブ(UNEP FI)加盟の26の銀行が、国連の持続可能な開発目標...
詳しく見る

気候変動リスクの財務情報化を求めるTCFD勧告への準備状況。英金融機関の年金では、HSBC、バークレイズが先行、Aviva、ロイズ銀行は出遅れ。英議会環境監査委員会の調査で判明(RIEF)

2018-05-29 21:30:14

UKキャプチャ    英議会の環境監査委員会(EAC)は、25の主要年金基金を対象に、気候変動関連の財務情報開示を...
詳しく見る