HOME |6. 外国金融機関|

6. 外国金融機関

国連支援の責任投資原則(PRI)、署名投資家等に対して、自らのESG投資行動が「現実世界に及ぼす成果」の開示求めるガイダンス公表。5部分に分かれたフレームワーク提示(RIEF)

2020-06-17 07:55:23

PRI001キャプチャ     国連支援の責任投資原則(PRI)は投資家等の署名機関が、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に...
詳しく見る

イタリアのガス大手のスナム(Snam)、同社初のトランジションボンド5億ユーロ発行。資金使途にはCO2削減事業等に加え、既存ガス輸送インフラ改造事業も盛り込む(RIEF)

2020-06-14 15:09:30

Snam003キャプチャ    イタリアのガス大手のスナム(Snam)は、同社初のトランジションボンドを発行した。発行額は5億...
詳しく見る

欧州中央銀行(ECB)、EUのサステナブルファイナンス戦略に「批判的な国」を批判。日本等を想定か。国際協調での共通化を最優先、化石燃料産業の「ブラウンタクソノミー」を支持(RIEF)

2020-06-14 15:08:45

ECB123キャプチャ    欧州中央銀行(ECB)は、EUがサステナブルファイナンス行動計画で、質の高い基準を進め、国際...
詳しく見る

グリーン&ソーシャルボンド原則(GSBP)、ソーシャルボンド原則(SBP)を改定。新型コロナウイルス感染対策での発行増を反映。対象事業区分と対象者をより詳細に整理(RIEF)

2020-06-10 16:30:18

SBP001キャプチャ    国際資本市場協会(ICMA)が管理するグリーン&ソーシャルボンド原則(GSBP)は、ソーシャルボ...
詳しく見る

グリーン&ソーシャルボンド原則(GSBP)、「サステナビリティ・リンク・ボンド原則(SLBP)」公表。企業によるKPIの選択とその目標測定(SPT)の妥当性が評価軸に(RIEF)

2020-06-10 01:59:31

SLBP002キャプチャ    国際資本市場協会(ICMA)が管理するグリーン&ソーシャルボンド原則(GSBP)は9日、第6回年次...
詳しく見る

パリ協定の目標達成のためには、現存の世界全体の石炭火力発電だけでなくガス火力発電も、今後10~30年以内に閉鎖が必要。膨大な償却負担への対応必要。米研究チームが分析(RIEF)

2020-06-09 16:46:38

Coalpower001キャプチャ    パリ協定が目指す気温上昇の「2℃目標」を達成するためには、現在、地球上にある石炭火力発電だ...
詳しく見る

欧州中央銀行(ECB)、保有グリーンボンドはグローバル市場全体の2割。ラガルド総裁が明らかに。量的緩和策等で市場から購入。単独機関では世界最大のグリーンボンド投資家(RIEF)

2020-06-09 12:02:42

ECB001キャプチャ     欧州中央銀行(ECB)はグローバルに拡大するグリーンボンド市場全体の約2割分に投資、保有し...
詳しく見る

資金使途の過半が企業の一般資金向けの「グリーンボンド」に、SustainalyticsがGBP適合の「Pure-play」としてセカンドオピニオン付与。市場関係者に議論呼ぶ(RIEF)

2020-06-08 16:14:32

Pluigpower001キャプチャ    先月(5月)に、米国の水素燃料電池システムの設計・製造業のPlug Powerが発行したグリーンボ...
詳しく見る

国際金融公社(IFC)、自らが発行するグリーンボンド等の引受金融機関のESG対応を直接確認へ。化石燃料関連事業の除外規定等もチェック。引き受け機関を通じ投資家のESG促進も(RIEF)

2020-06-08 08:37:17

IFC001キャプチャ  国際金融公社(IFC)は、同機関の資金調達である債券発行に際して、引き受け金融機関のESG度を自ら評...
詳しく見る

米銀、ゴールドマンサックス、米国内で高まる人種差別問題の解消目指す企業向けのファンド立ち上げ。同社と同社従業員の共同寄付から1000万㌦投じる(RIEF)

2020-06-05 18:33:09

GS001キャプチャ    米金融大手のゴールドマンサックス(GS)は人種差別解消を目指す企業を支援するファンド「Gold...
詳しく見る