HOME |8.温暖化・気候変動|

8.温暖化・気候変動

インドネシア政府 初のグリーン(ボンド)スクーク国債発行。厳格な基準を評価する欧米投資家の応募殺到で、発行額は大幅増の12億5000万㌦。発行コストも低下(RIEF)

2018-02-25 08:11:55

Indonesia1キャプチャ    インドネシア政府はイスラム金融でのグリーンボンドであるグリーンスクーク国債を世界で初めて...
詳しく見る

東京都、温室効果ガス削減排出量取引制度、第二計画期間2年度のCO2排出総量は1213万㌧、2年連続で基準から26%削減を達成(RIEF)

2018-02-22 23:37:53

tokyoC&T1キャプチャ    東京都は、温室効果ガス削減のために実施している都独自の排出量取引制度(キャップ&トレ...
詳しく見る

温室効果ガス排出量の多い企業に機関投資家が削減圧力をかける「Climate Action 100+」 。現行の標的100社に加え、50社を追加へ。日本企業は現在10社が対象、追加は何社か(?)(RIEF)

2018-02-21 20:05:59

CA1001キャプチャ    気候変動抑制のため、温室効果ガス(GHG)排出量が世界的に多い主要排出企業を特定し、資産運...
詳しく見る

外務省の有識者会議、石炭火力廃止に向けたロードマップ制定、「再生可能エネルギー外交」の推進、などの提言を、河野外務相に提出(RIEF)

2018-02-20 11:05:20

gaimusho1キャプチャ    河野太郎外務相が主導して年初に設立された外務省の「気候変動に関する有識者会合」は19日、エ...
詳しく見る

米諜報・情報機関のトップを結集した上院情報委員会ヒアリング。「世界の脅威」の一つに、気候変動も明記。トランプ政権の温暖化軽視姿勢と一線を画する(RIEF)

2018-02-20 07:58:50

CIA2キャプチャ    米上院情報委員会(Senate Intelligence Committee)は、CIAなど米諜報・情報機関のトップを集...
詳しく見る

南極のペンギン、今世紀末には現在の3分の1に減少の可能性。エサとなるオキアミが温暖化の影響と、過剰漁業で減少の見込み。米研究で明らかに(RIEF)

2018-02-16 17:23:56

penguin1キャプチャ    南極のペンギンが今世紀末に、現在の3分の1にまで減少する可能性が出てきた。気候変動の影響と...
詳しく見る

世界の主要59金融機関の気候リスク対策、形は整えたが、投融資先への働きかけ等は依然、不十分。「うわべだけ」と米BCAMが年次調査で指摘。日本の3メガバンクなども対象(RIEF) 

2018-02-16 15:37:09

BCAM1キャプチャ    日本のメガバンクを含む、世界の59主要金融機関の気候変動戦略の立案状況等を問う調査の結果が...
詳しく見る

本当に「地球にやさしい銀行」はどこか?環境NGOの「350 Japan」が新たに化石燃料・原発関連企業向け投融資のない金融機関に、詳細アンケート調査実施へ(RIEF)

2018-02-15 22:26:39

3500rg2キャプチャ      環境NGO「350.org」の日本支部(350.org Japan(350 Japan))はこれまでの調査で、特定の化...
詳しく見る

オーストラリアのカキなどの貝礁、事実上すべて消滅。海洋汚染の影響か。貝礁の劣化は、海洋生態系を危機に陥れるほか、蓄積した炭素排出増加を引き起こし、温暖化加速要因の恐れも(AFP)

2018-02-15 18:17:23

kaki1キャプチャ    【2月15日 AFP】カキ礁やイガイ礁など、オーストラリアの貝礁が事実上すべて消滅したとする研...
詳しく見る

温暖化によるグローバルな海面上昇、現状のペースより倍増し、2100年には65cm(中位値)に達する。最大で77cmの可能性も。米研究チームが衛星データから推計。IPCCのモデル値とほぼ整合(RIEF)

2018-02-13 16:06:09

Sealevelキャプチャ      米国の研究者グループは、世界の海面上昇のペースが加速しており、現在の年間上昇スピードを...
詳しく見る
1 / 26112345...102030...最後 »