HOME |9.中国&アジア|

9.中国&アジア

東芝、新電力子会社の火力発電所をバイオマス専焼にリニューアル。CO2年間30万㌧削減。ただ、燃料はインドネシアからの輸入PKSに全面依存(RIEF)

2017-05-01 13:29:37

toshiba1キャプチャ    東芝は子会社の新電力企業「シグマパワー有明」が福岡県大牟田市で運営する石炭・木質バイオマ...
詳しく見る

三井物産が ヨルダンで米系企業と提携して3件目の太陽光発電事業を展開。発電量52MW。合計で同国の発電量の約2割を提供(REIF)

2017-05-01 11:15:41

mitsuibussannキャプチャ  三井物産は米国の発電大手と組んで、ヨルダンで太陽光発電事業を拡張する。総事業費57億円で出力52MW...
詳しく見る

東京オリンピックの新国立競技場の建設工事で、熱帯林の破壊・人権侵害懸念のある現地企業の合板型枠使用の疑い。環境NGOが国際オリンピック委員会と日本政府に、緊急調査を要請(RIEF)

2017-04-27 15:42:42

FoE2キャプチャ    内外の環境NGOは、2020年の東京オリンピックのメイン会場となる新国立競技場の建設工事で、マ...
詳しく見る

東南アジアでの熱帯雨林の違法伐採や周辺住民への人権侵害などに、「日本の大手金融機関や商社、 GPIFなどが深く関与」。環境NGOのRANが報告書で指摘(RIEF)

2017-04-25 18:11:45

RANキャプチャ    環境NGOのレインフォレスト・アクション・ネットワーク(RAN)は、東南アジアで森林破壊や森林...
詳しく見る

インドネシア・西ジャワ州地方裁判所、日本の官民連携石炭火力拡張事業の「環境許認可」取り消し。JBICは司法判断待たず融資決定。環境NGOらは「JBICは自らのガイドライン違反」と抗議声明(RIEF)

2017-04-21 14:49:18

Chirebon1キャプチャ    インドネシアの西ジャワ州バンドゥン地方裁判所は、日本の官民が推進している同州のチレボン石...
詳しく見る

環境NGO5団体 ベトナム・ビンタン第4石炭火力発電所拡張案件への 国際協力銀行の融資決定に抗議の共同声明(RIEF)

2017-04-18 16:54:12

Vietnum1キャプチャ    日本の環境NGOのFoE Japanなど5団体は、ベトナムの国営電力公社(EVN)が計画する南部のビント...
詳しく見る

欧州議会、東南アジアでの熱帯雨林不法伐採を抑えるため、バイオ燃料へのパーム油混入禁止法案を賛成多数で可決。インドネシアなどは猛反発。環境規制が貿易摩擦に転じる懸念も(RIEF)

2017-04-13 18:16:35

bioenegyキャプチャ      欧州議会は先週、欧州連合(EU)域内の公共交通機関が使用するバイオ燃料に、パーム油などの...
詳しく見る

昨年の世界の新規再エネ投資、前年比23%減の一方で、追加発電量は過去最高。再エネ事業の経済効率性向上を立証。日本は再エネ政策の“失敗”で新規発電量も減少。UNEPなどの共同調査で判明(RIEF)

2017-04-10 20:43:49

UNEP1キャプチャ    国連環境計画(UNEP)などによると、昨年中の世界での新規の再生可能エネルギー投資額は、前年...
詳しく見る

アジア開発銀行(ADB) 気候変動ファイナンスのデータベース整備・公開(RIEF)hes Climate Financing Database

2017-04-10 12:37:48

ADB1キャプチャ    アジア開発銀行(ADB)は気候変動金融に関するデータベースを整備、公開した。ADBは2020年まで...
詳しく見る

2017年の太陽光発電のグローバル需要予測、昨年を上回る80GW前後。85GWの強気予測も。日本市場はインドに抜かれ4位に。最安値受注は1kWH当たり2セント以下も出現(RIEF)

2017-04-06 23:15:28

solarキャプチャ    今年のグローバルベースでの太陽光発電の需要規模について主要機関の推計が相次いで出ている。...
詳しく見る