HOME |金融庁、3メガバンクを含む5大銀行グループ対象に、気候リスクの影響を評価するシナリオ分析とストレステストの試行結果を来年第一四半期中に評価の見通し(RIEF) |
PACTA003キャプチャ

 

  金融庁は3メガバンクをはじめとする5大銀行グループを対象として、気候リスクが各グループの保有資産にどのような影響を及ぼすかを試算するシナリオ分析とストレステストのパイロット事業結果を、来年第一四半期中に示す見通しという。同事業には仏気候シンクタンクが開発した保有資産の気候リスク評価ツール「PACTA」と、中央銀行や銀行監督当局で構成するNGFS(気候リスク等に関する金融当局ネットワーク)が開発したシナリオ分析モデルを活用する。

 

 英Responsible Investorが報じた。TCFD提言による気候リスク評価のためのシナリオ分析とストレステストの実施は、英イングランド銀行、仏フランス銀行等が各国内銀行・保険を対象に今年度中の実施を進めている。金融庁も同様の準備を進めており、年度内……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム