HOME |日興アセットマネジメントなど日本勢4社を含む世界の137金融機関、温室効果ガス排出量の多い世界の大企業1800社に対し、「2050年ネットゼロ目標」設定等を求める共同書簡送付(RIEF) |
corona111キャプチャ

 

   日興アセットマネジメント等日本の資産運用会社4社を含む各国の137金融機関は、温室効果ガス(GHG)排出量の多い世界の大企業1800社を対象に、2050年までに排出量を実質ゼロとする削減目標等を設定するよう共同書簡を送付した。要請した企業のGHG総排出量は世界全体の25%を占める。要請対象の企業名は公表されていないが、米テスラ、スイスのロシュ、英リオ・テントのほか、排出量の多い日本企業等も含まれるという。

 

 要請を行った金融機関には日興アセットマネジメントのほか、三井三友信託アセットマネジメント、富国キャピタルマネジメント、りそなアセットマネジメントの日本勢4社が名を連ねた。さらに、仏AXAグループ、英Legal & General Investment Managemen……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム