HOME |三井住友フィナンシャルグループ、12日に6回目のグリーンボンド発行へ。5億㌦(約515億円)。政府の「2050年ネットゼロ宣言」で高まる再エネ事業等への投融資資金に充当(RIEF) |
SMBC3キャプチャ

 

 三井住友フィナンシャルグループ(SMBC)は12日にグリーンボンド5億㌦(約515億円)を発行する。SMBCがグリーンボンドを発行するのは、6回目となる。

 

 発行されるグリーンボンドは、期間3年、ドル建てで、クーポンレートは0.50%。資金使途先の事業は、再生可能エネルギー事業、汚染防止・抑制事業、グリーンビルディング、エネルギー効率化(省エネ)事業等としている。

 

 同グループのグリーンボンドフレームワークによると、対象となる再エネ事業は、太陽光、風力、地熱、バイオマス、発電量が25MW以下の小規模水力の再生可能エネルギーの開発、建設、運営に関する事業としている。グリーンビルディングはLEED、BREEAM、CASBEEの評価に限定、評価レ……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム