HOME1. 銀行 |三井住友銀行、融資先企業の労働環境を点数評価する「働き方改革融資」を提供へ(RIEF) |

三井住友銀行、融資先企業の労働環境を点数評価する「働き方改革融資」を提供へ(RIEF)

2017-08-22 21:28:11

SMBCキャプチャ

 

 三井住友銀行は、企業向けの融資時に、その企業の労働環境の改革状況を独自の基準で診断し、働きやすい職場づくりを支援する新たなサービスを提供する「SMBC働き方改革融資」を始めた。

 

  長時間労働の是正や子育て・介護と仕事の両立、女性や若者が活躍しやすい環境づくりなど、企業の労働環境を評価する9項目について、日本総合研究所が独自の指針で「見える化」を点数付けし評価する。融資先企業は、自社の職場環境をスコアで客観的に評価でき、他の企業と点数を比較することで改革の課題を見つけやすくなるという。

 

 ただ、点数が高くても融資の支払金利を下げたり、融資の可否の判断に使うわけではない。あくまでも、企業の「働き方改革」を客観評価して企業に提供するサービスだ。

 

 同融資で企業が借り入れできるのは1億円以上から。期間は融資が1年以上、私募債の引き受けの場合は2年以上10年以下。借り手企業は評価料として約86万円の手数料を同行に支払う。融資資金の使途は運転資金でも設備資金でも構わないという。

 

 企業は自らの労働環境や働き方改革の可能性を客観評価できる一方、三井住友銀行は融資先を拡大するとともに、融資収益に加えて手数料収入を獲得できる。金融機関自身の働き方改革の評価も同時に、点数付けしてみてはどうか。

 

http://www.smbc.co.jp/news/j601451_01.html