HOME |新型コロナウイルスによる今後3年間の経済・金融市場への影響評価のストレステスト、仏「2DII」が開発。欧州の保険・年金監督当局と協力し、保険会社のポートフォリオに適用へ(RIEF) |
stress1キャプチャ

 

 フランスの気候関連シンクタンクの2° Investing Initiative(2DII)は、新型コロナウイルスの影響で銀行や保険会社が保有する資産ポートフォリオが受ける影響をチェックするストレステスト案をまとめた。今後36カ月(3年)以内に起き得るコロナウイルス感染の6つのシナリオを踏まえてストレステスト方式を示している。2DIIはEUの欧州保険・企業年金監督当局(European Insurance and Occupational Pensions Authority:EIOPA)と協力して、同手法で主要保険会社の資産評価に適用する予定としている。

 

 2DIIは気候変動シナリオ等のストレステスト手法を開発しており、その手法をコロナウイルスの感染予測に適用した。事態が流動的で将来の……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム