HOME9.中国&アジア |北京市 人気の「大気汚染アプリ」に米大使館提供データの削除命令(AFP) データは消しても、大気汚染は消せない |

北京市 人気の「大気汚染アプリ」に米大使館提供データの削除命令(AFP) データは消しても、大気汚染は消せない

2014-11-11 21:11:25

北京の商務中心区にかかったもや。2014年11月 7日


北京の商務中心区にかかったもや。2014年11月 7日
北京の商務中心区にかかったもや。2014年11月 7日


【11月11日 AFP】中国・北京でアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が開催される中、同国で人気の高い「大気汚染観測アプリ」の開発会社が、北京市当局から米国大使館が提供しているデータを削除するよう命じられたと明かした。

アプリを開発した「フレッシュ・アイデア・スタジオ」の広報担当者が11日、AFPの取材に対し語った。

 

北京市は推奨される暴露限界値をはるかに超える粒子状物質(PM)を含み、鼻を突く、息も詰まるほどの煙霧にたびたび見舞われており、市民の怒りが募っている。

 

北京市も大気汚染に関するデータを発表しているが、米大使館が独自に観測し発表しているデータの方が信頼性が高いと広く考えられている。

 

APECが行われている2日間、当局は大気汚染を抑えるために、北京市と周辺地域で厳しい交通制限を課している他、工場に一時停止を命じ、公務員には休暇を与えている。

 

同社代表はメール回答で「米国大使館が発表している大気環境のデータを、当社のソフトウエアから提供し続けることができなくなった」と述べている。ただし11日の時点で、該当する米大使館のデータが掲載されている米国務省のウェブサイトには中国国内からアクセスできている。

 

http://www.afpbb.com/articles/-/3031479




 

会員専用のE-learningや動画ニュースが見放題!!

会員登録
お問い合わせ

RIEF Interview

サステナブル ファイナンス 大賞

イベント・予定

2020年5月20日 第一回オンラインRIEF勉強会(通算26回目)「...
2020年2月14日 第25回RIEF勉強会「トランジション・ファイナ...
2020年1月22日(水)第5回サステナブルファイナンス大賞表彰...
2019年12月9日夜。 「日本SDGs金融イノベーションフォーラム...
2019年11月15日 第24回RIEF勉強会「TCFD提言の実施に向けた...

Most Read

Recommend

Most Read
国際標準化機構(ISO)、企業を含む社会的責任(SR)の国際規...
中国とEUがグリーン・タクソノミーの共通化を目指した「タス...
インド・パキスタンまで拡大するサバクトビバッタの大群を捕...
フランス政府、新型コロナウイルスの影響で経営困難に直面す...
バーゼル銀行監督委員会、各金融監督当局の気候関連金融リス...
英最高裁、地方自治体の年金基金(LGPS)の武器産業等の投資...
スペイン保険大手資産運用会社、コロナウイルス対策で投資信...

E-learning

環境金融E-Learning:基礎コース

出版・資料室


環境金融ブログ


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.