HOME |年の瀬に、欧州3カ国で原発3基、閉鎖。「脱原発政策」に基づくドイツとスイス。スウェーデンでは経済的にメリットなしの判断(RIEF) |
nukeswiss1キャプチャ

 

 年の瀬に、欧州3カ国で原発がそれぞれ1基ずつ閉鎖される。大晦日の31日に閉鎖されるのはスイスでは、ミューレック(ベルン州)にあるBWR(沸騰水型)の原発。スイスではこれまで5基の原発が稼働していたが、これで残りは4基となる。

 

 (写真は、閉鎖されるスイス・ミューレックの原発。森と川と白い雲。スイスの風景に原発は似合わない)

 

 スイスでは2011年に現行の稼働中原発について稼働期間終了後にリプレースしないことを議会で決定している。今回閉鎖されるミューレック原発は1971年稼働で、48年間操業したことになる。スイスの総電力需要の約5%を提供してきた。廃炉期間は今後15年。残りの4原発でカバーすることになる。

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム