HOME |SOMPOホールディングス、米国で農業保険大手DCISを買収。気候変動の進展で農業保険需要増大に対応。買収額400億~500億円(RIEF) |
sompo001キャプチャ

 

 SOMPOホールディングスは7日、米国の穀物輸送大手CGBグループの保険部門である農業保険Diversified Crop Insurance Services(DCIS)を買収したと発表した。気候変動の進展で米国でも収穫量や農家の収入が不安定になるリスクが高まり、保険の需要が増えている。買収額は400億~500億円の見通し。同社の買収で、SOMPOの米国市場でのシェアは首位と並ぶ規模に拡大するという。

 

 買収はSOMPOの子会社のSOMPO International Holdings(SI)がDCISを取得する形とする。DCISは1997年の設立、カンザス州レネックサを拠点とし、農業保険とリスクマネジメントサービスを農家に提供している。米国での農業保険のシェアは4位。また米国48州……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム