HOME |東京海上アセットマネジメント CO2排出量の情報開示企業に投資する「低炭素日本株ファンド」立ち上げ。ポートフォリオ全体の排出量原単位はTOPIXの半分に設計(RIEF) |
tokioキャプチャ

 

  東京海上グループの東京海上アセットマネジメント(AM)は、「低炭素日本株ファンド」を設定した。CO2排出量を開示している企業を選び、かつ対象企業の売上高比の排出量(カーボンインテンシティ)が、ベンチマークであるTOPIX対比で半分程度となるポートフォリオを構築する。一定のリターンを確保しつつ、CO2排出削減に積極的に取り組む企業を投資によって後押しする。

 

 新ファンドに対しては、ファンドの設定時点で親会社である東京海上日動火災保険が一定の投資資金を投入することを決めた。東京海上グループ自体、金融安定理事会(FSB)の気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の勧告に沿った情報開示を推進する方針を宣言しており、今回のファンドの選定とともに、自らの投資戦略への組み込みで、「TCFD企……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム