HOME4.市場・運用 |新型コロナウイルス感染拡大で、グローバルなクリーンエネ需要減速へ。BNEFは太陽光発電の見通しを16%マイナス修正。風力、EV等も減速。各国の景気刺激策の短期的視点も影響(RIEF) |
BNEF2キャプチャ

 

  グローバルな新型コロナウイルス感染によって、世界的に経済減速が広がっているが、太陽光や風力、電気自動車(EV)、蓄電池等の気候変動関連のクリーンエネルギー需要も、鈍化が必至な情勢だ。クリーンエネ分析のBloombergNEF(BNEF)は今年の太陽光発電需要を16%下方修正したほか、風力発電も減速見通しという。再エネ需要と供給の両方の最大市場である中国での普及が大きく低下することが大きい。EV関連も同様だ。

 

 BNEFは、コロナウイルス感染の広がりを踏まえて、このほど、再エネ電力、EV、ヒーティング、クーリング、そしてサーキュラーエコノミーの市場予測を修正した。このうち、太陽光発電については、中国市場の需要減が最も大きい。同国の感染者数はピークをつけた形だが、経済活動の制限は続いてお……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム