HOME |メルケル独首相とマクロン仏大統領、コロナ危機からのEUの経済回復で5000億ユーロの復興基金創設を共同提案。「財政健全化維持」よりEUの連帯重視。域内には依然、反対論も(RIEF) |
Merckelキャプチャ

 

 ドイツのメルケル首相とフランスのマクロン大統領は18日、オンラインのビデオ会議で、新型コロナウイルス感染の影響からの欧州経済を回復させるため、総額5000億ユーロ(約59兆円)の「欧州復興基金」の設立を共同提案した。基金の原資は欧州委員会がEU中期財務計画(MFF)に基づき、債券を発行して市場から調達する。コロナ感染の影響の大きかった国、地域の回復を支援するため補助金として供給する。両首脳は、復興基金を「統合と連帯」でコロナ危機を脱却し、EUが未来にチャレンジする準備のためと位置付けている。

 

 EUは4月の首脳会議で、コロナウイルス感染によって経済社会的影響が大きかったイタリアやスペイン等の要請に応えて、復興基金の設立で合意していた。しかし、基金の規模や財源を巡って、加盟国内での意見の……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム