HOME11.CSR |国連開発計画(UNDP)、SDGs事業ファイナンスのプライベートエクイティ・ファンドとSDGsボンド向けの「影響基準」第二次案公表。「SDGs Impact Seal」認証の評価基準(RIEF) |
UNDP001キャプチャ

  国連開発計画(UNDP)は国連の持続可能な開発目標(SDGs)関連事業へファイナンスするプライベートエクイティ・ファンドのファンドマネジャーと、SDGsボンドの発行体が「SDG Impact Seal」の認証を得るための「影響基準(Impact Standards)」案を公表した。UNDPは昨年10月に第一次ドラフト案を公表しており、今回の公表は第二次案となる。いずれもSDGsの高いレベルの原則と、実際の業績評価やベンチマーキングに関するインパクトマネジメントの手法を結びつけるための基準として開発した。

 7月31日までパブリック……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム