HOME4.市場・運用 |今年上半期のグローバル市場でのESG債発行。グリーンボンドは前年比4割前後減、ソーシャル・サステナビリティの両ボンドはコロナ対策で急増。下期はグリーンボンド国債増発の期待も(RIEF) |
ESGbond001キャプチャ

 

  新型コロナウイルス感染拡大の影響で、グリーンボンド等のESG債の今年上半期の発行状況が大きく変わった。グローバル市場でのグリーンボンドの発行額は700億㌦~800億㌦で、昨年比36%~44%減と減少した。一方、コロナ対策資金を調達するコロナ債の発行が相次いだソーシャルボンドは前年同期比3倍以上の300億ユーロに、サステナビリティボンドも同57%増の300億ユーロと増大した。グリーンの「E」からソーシャル・サステナビリティの「S」への転換となった。

 

 英Environmental Finance誌によると、グローバル市場での今年上半期のグリーンボンド発行額は約700億㌦。一方、Climate Bonds Initiative(CBI)の推計では約800億㌦。総額のズレは、発行時期の取り……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム