HOME4.市場・運用 |日銀、「ESG投資に関する機関投資家動向」の分析ペーパー公表。利用可能なESG情報の少なさや金銭的リターンの不明確さなどの課題を指摘。市場的解決の可能性を示唆(RIEF) |
BOJ--1キャプチャ

 

 日銀は、わが国のESG投資をめぐる機関投資家の動向についてのレポートを公表した。内外でESG投資が広がる中、日本の機関投資家が直面する特徴として①ESG投資に利用可能な情報の限定②ESG要素と金銭的リターンの関係性の不明確さーーなどを指摘。そのうえで、企業の非財務情報開示の充実や市場での分析手法の高度化が「金融市場での効率的な価格形成に資する」と指摘、市場的解決の可能性を示している。

 

 レポートは日銀金融市場局の荒尾拓人、清水亮介、小川佳也3氏の連名による「ESG投資を巡るわが国の機関投資家の動向について」と題するリサーチペーパー。日銀の公式見解ではないが、日銀の研究者がESG関連のレポートを出すのは珍しい。

 

 レポートは日本の機関投資家が……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム