HOME4.市場・運用 |エクソンモービルやサウジアラムコなど世界の石油・ガス大手CEOで構成する「石油ガス気候イニシアティブ(OGCI)」2025年までのCO2共同削減目標を宣言。現行より約1割削減(RIEF) |
OGCI002キャプチャ

 

  エクソンモービルやサウジアラムコなど、世界の主要エネルギー企業のCEOで組織する「 The Oil and Gas Climate Initiative (OGCI)」 は16日、2025年までに石油・ガスの生産活動で排出するバレル当たりの平均CO2排出量を現行の23kgCO2e/boeから20kg~21kgCO2e/boeへ、1割前後削減する共同目標を設定したと発表した。CO2削減量は年間3600万㌧~5200万㌧となる。

 

 OGCIは共同声明で、パリ協定の目標達成に資するため石油・ガス業界全体にとって必要な削減量と一致する、と位置付けている。基準となる23kgCO2eは2017年の実績値。CO2削減量は今後の石油・ガス生産がなだらかに継続するとの仮定に基づく。一般家庭のC……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム