HOME4.市場・運用 |EUサステナブルファイナンス計画のTEG(技術専門家グループ)、コロナ経済回復策で5つの「ハイレベル原則」提唱。他の環境・社会分野に悪影響を与えない「DNSH」原則等盛り込み(RIEF) |
TEG001キャプチャ

 

 EUのサステナブルファイナンス計画の技術専門家グループ(TEG)は、EUが協議中の新型コロナウイルス感染危機からの経済回復政策をサステナブルリカバリーとするための5つの「ハイレベル原則」を提案した。提案では、他の環境・社会的な分野に「Do No Significant Harm : DNSH(重要な悪影響を伴わない)」原則のほか、あらゆる分野のレジリエンス(強靭さ)強化を盛り込むことなどをあげている。従来型のカンフル剤的な景気刺激策からの脱却を求めている。

 

 TEGはEUが推進するサステナブルファイナンスの対象事業を選別するタクソノミーづくりを進めるための専門家グループ。金融界、産業界、学者、市民活動家等35人で構成する。これまでに気候変動分野のグリーンタクソノミーをまとめたほか、現在……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム