HOME |タイ、初のグリーンボンド国債、8月に発行へ。発行額300億バーツ。新型コロナウイルス対策資金と低炭素公共交通機関整備に充当(RIEF) |
Thai001キャプチャ

 

  タイが初のグリーンボンド国債を発行する。バーツ建てで発行額は300億バーツ(約1000億円)。調達資金の3分の2は新型コロナウイルス感染拡大対策に充当し、残りは低炭素な公共交通機関整備のためのファイナンスにするとのことで、サステナビリティボンドともいえる。アジアでのグリーンボンド国債はインドネシア、香港政庁等が先行して発行している。

 

 (写真は、グリーンボンド国債発行を発表するタイ財務省の公共債務管理局の幹部たち)

 

 地元紙等の報道によると、財務省の公共債務管理局(PDMO)の事務局長、Patricia Mongkhonvanit氏が記者会見で公表した。発行されるグリーンボンド国債は期間15年。現在、機関……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム