HOME |ニュージーランド政府、TCFD勧告に沿う気候関連財務リスク情報開示、世界で初めて企業と金融機関に義務付け。2023年に実施へ。開示は「コンプライorエクスプレイン」方式(RIEF) |
New Zealandキャプチャ

 

 ニュージーランド政府は15日、気候関連リスクの情報開示を提言したTCFD勧告に基づく情報開示を2023年までに企業や金融機関に対して義務付けることを公表した。議会に法案を提出する。TCFDに沿った情報開示は現在、日本の金融庁をはじめ、各国で取り組みが進んでいるが、情報開示を義務にするのはニュージーランドが初めて。開示は「コンプライor エクスプレイン」方式を採用する。

 

 ニュージーランドの気候変動相、James Shaw氏は「オーストラリア、カナダ、英、仏、日本、それにEUのいずれも、企業に対して気候リスクの情報開示を進めている。しかし、われわれは彼らの先頭を切って、金融システムにおける気候リスク情報開示の義務化へ前進する」と宣言した。

 

……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム