HOME |国際エネルギー機関(IEA)、初めて「2050年ネットゼロ排出量(NZE2050)」の長期シナリオ公表。2030年に向けた各分野の削減推計量等を開示(RIEF) |
NZE001キャプチャ

 

 国際エネルギー機関(IEA)は今回の「世界エネルギー見通し(World Energy Outlook 2020)」で、初めて2050年ネットゼロエミッション(NZE2050)の長期シナリオを示した。これまでのベストシナリオの「持続可能な開発シナリオ(SDS)」では、ネットゼロ実現は2070年で、パリ協定の目標と整合しない問題があった。今回、2050年ネットゼロのシナリオに沿って、2030年までの10年間での各分野の削減の必要量等を示した。

 

 (上図は、エネルギーと産業プロセス部門での3つのシナリオでのCO2削減量の変化)

 

 IEAが示した「Net Zero Emissions by 2050 case(NZ……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム