HOME |金融庁、各国中央銀行・金融監督当局で構成する「金融システム・グリーン化ネットワーク(NGFS)」の運営委員会メンバーに選出される。マレーシア、カナダと共に(RIEF) |
NGFS005キャプチャ

 各国の中央銀行や金融監督機関で構成する「金融システム・グリーン化ネットワーク(NGFS)」は、新たな運営委員会メンバーに日本の金融庁ほか、3当局を選出した。金融庁の氷見野良三長官は「日本の金融庁は、運営委員会メンバーとして、NGFSメンバー間の協力を高め、グリーンで低炭素経済への移行を構築することに貢献できることを嬉しく思っている」とのコメントを出した。

 

  運営委員会メンバーの任期は、11月18日から2年間。金融庁とともに新たにメンバーとなったのは、カナダ中央銀行とマレーシア中央銀行(Bank Negara Malaysia)の両機関。

 

 現在の運営委員会メンバーは15席とされているが、現在は10カ国の金融当局(11機関)が選出されている。英仏独、EUのほか、アジアか……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム