HOME |英金融行動監視機構(FCA)、1月1日からロンドン証取プレミアム上場企業の気候情報開示義務化ルール公表。コンプライ&エクスプレイン方式。開示できない場合、将来計画等を説明(RIEF) |
UKFSAキャプチャ

 

 英国の金融行動監視機構(FCA)は21日、年明け1月1日からロンドン証券市場のプレミアム上場企業に義務化される気候関連情報開示のため、「コンプライ・アンド・エクスプレイン(遵守か、説明か:C&E)」方式の上場ルール(LR)とガイダンスを公表した。同ルールは今後5年のうちに上場企業だけでなく、英国のすべての企業に適用される予定。同時に、2021年上半期に、TCFDベースの情報開示の有益度を、FCAが監督対象とする資産運用機関、生命保険、年金基金による評価で検証し、コンプライの内容強化の判断に資するとしている。

 

 FCAが公表したのは「上場企業の気候関連情報開示と、既存の情報開示義務の明確化を高めるための提案(Proposals to enhance climate-related……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム