HOME |シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)、日本市場で電力とLNGの先物取引に参入。決済業務等を提供。昨年の欧州のEEXに次ぐ外資参入。日本の電力市場の活性化に資する期待(RIEF) |
CMEキャプチャ

 

  米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループは6日、日本の電力と液化天然ガス(LNG)の先物取引を2月8日に始めると発表した。日本の電力市場の自由化が定着してきたことを受けて、卸売・小売電力事業者等の相対取引拡大に資するほか、決済履行を保証する清算(クリアリング)機能を提供する。日本の電力市場への外資企業参入は昨年の欧州エネルギー取引所(EEX)に次ぐ。

 

 CMEが日本で提供するのは、電力の先物が4件、LNGが2件。電力は東京と関西の2エリアの各24時間とピーク時間帯の商品。LNGはプラッツが提供する日本/韓国市場先物と、JCC価格(輸入原油加重平均CIF価格) 先物商品。いずれも円建てで日本卸電力取引所(JEPX)の取引価格に基づく。

 

<……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム