HOME |EUのカーボンクレジット(EUA)価格、史上最高値の1㌧35.20ユーロ。寒波での電力需要増で火力発電のクレジット需要増。日本も電力高騰だが取引制度なくCO2排出増に(RIEF) |
EUETS001キャプチャ

 

  EUの排出権取引(EU-ETS)のカーボンクレジット(EUA)価格の上昇が続いている。先週末には過去最高の1㌧35.20ユーロと。35ユーロ台に乗せた。1週間で2.50ユーロの上昇という急ピッチの上昇になる。最大の上昇要因は欧州を襲っている寒波の影響で電力需要が増大し、火力発電の増加がクレジット需要を高める要因となっている。

 

 EU-ETSのクレジット(EUA)価格はクリスマス明けの先月28日には33.50ユーロと、1ユーロ以上上昇した。その後、いったん下落したが、年明けて年初の取引で一時、34.25ユーロにまで上昇していた。http://rief-jp.org/ct4/109683

 

 その後も堅調に推移し、2005年にEU-ETSが稼働……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム