HOME |台湾の太陽光パネルトップ企業が アジア初の「イールドコ」上場を宣言。上場市場は東京ではなく、香港を選択(FGW) |
Yieldcoキャプチャ

グリーンボンドと並ぶ、再エネ等のグリーンファイナンスの新たな手法とみなされるイールドコ(Yieldco)のアジア第一号上場を、台湾の太陽光パネルトップ企業のNeo Solar Power Corporation (NSP)が予定していることがわかった。

5000万㌦規模のイールドコ子会社を今年末か、来年第一四半期には香港株式市場に上場する予定という。

 

 イールドコは米国を中心に急拡大しているグリーン投資手段の一つ。仕組みは、REIT(不動産投資トラスト)やMLP(マスターリミテッドパートナーシップ)などに似ている。

 

 本業以外に、太陽光や風力などの再生可能エ……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム