HOME |東京電力 4月からの小売り自由化に備えたスマートメーターの設置大幅遅れ。見通しの甘さ、ここでも露呈(RIEF) |
smartmeterキャプチャ

 

 東京電力は、4月から始まる電力小売り全面自由化に対応するため、各家庭に設置する次世代電力計「スマートメーター」の取り付け作業が大幅に遅れ、申し込んだ利用者の約25%分しかできていないと公表した。経済産業省は2月の時点で、「工事の遅延が生じている電力会社はない」と公表していたが、大幅遅れは東電だけという。

 

 慌てた経産省は東電に対して、設置状況の報告を求めた。電力10社のうち、同省から報告を求められたのは東電だけ。経産省も自由化を前にして、事業者管理の甘さを露呈した格好になった。

 

  経産省はそれまで2月9日の時点で、「スマートメーターの取替工事に遅延が生じている電力会社はない」と公表していた。この時の公表の後に東電の遅れが明らかになったという。

<……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム