HOME |米証券取引委員会(SEC) エクソン・モービルに対し、株主総会で気候変動関連の議題を提起するよう指示。「温暖化のウソ」キャンペーンが暴かれるか(?)(藤井良広) |
EXXONキャプチャ

 

 米証券取引委員会(SEC)はエネルギー最大手、エクソン・モービル社に対して、5月に開く株主総会の議決議案に、気候変動関連の議題を含めるよう指示した。

 

 エクソンはこれまで、すでに気候変動関連のカーボン情報は十分に開示している、と説明してきた。しかし、、エクソンが温暖化問題の原因は石炭等の化石燃料にあることを十分に知りながら、反温暖化キャンペーンに資金を出していたことが明らかになった以降、昨年11月には、ニューヨーク州のエリック・シュナイダーマン司法長官が、エクソン社に関係資料の提出を命じるなどの動きがあった。

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム