HOME |欧州連合(EU) 韓国の排出権取引制度の改革で350万ユーロを共同拠出。「排出権取引の先輩」としての知恵も教授(RIEF) |
Korea1キャプチャ

 

  欧州連合(EU)は、韓国が昨年から始めている温室効果ガス排出権取引制度(K-ETS)が十分に機能していないことから、そのテコ入れ改革のため、350万ユーロ(約4億円)規模の共同事業を開始する。

 

 先週末、韓国の副財務大臣の Choi Sang-mok氏と、EUの駐韓国大使のGerhard Sabathil氏の間でEU韓国共同排出権取引制度協力プロジェクトの締結セレモニーを開いた。資金はEUのパートナーシップ機関(EU Partnership Instrument)と、韓国の同等機関からの拠出で賄う予定。

 

 韓国は昨年1月、CO2など6つの温室効果ガス(GHG)を対象とした国レベルのETSを開始した。同国はパリ協定では、2030年までにGHGを現状のまま(B……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム