HOME |カナダ 年内にカーボン価格付け政策を導入。州の独自性を踏まえながら全国ベースの制度に。カーボン情報開示の標準化も同時に導入へ(RIEF) |

カナダ 年内にカーボン価格付け政策を導入。州の独自性を踏まえながら全国ベースの制度に。カーボン情報開示の標準化も同時に導入へ(RIEF)

2016-07-19 10:25:43

Cathalineキャプチャ

 

 マケナ氏はこうした考えをカナダ地元のTVで語った。ただ、連邦政府のこうした方針に対して、独立色の強いカナダの州の中には、難色を示すところもある。このためマケナ氏はサスカチュワン州をはじめ各州を訪問、説得活動を続けてきた。

 

 同氏はカーボン価格付けに難色を示している州に対して連邦規制を強制するのかどうかと問われ、「『強制』という言葉は好まない。実際に国全体のカーボン価格付けはむしろ一つの新たな機会となるもの」と指摘した。

 

  カナダは価格付け政策と企業のGHG排出量情報開示のルール化を同時に導入する考え。これにより、排出削減力のある企業はそうでない企業より市場競争で優位に立てることになる、と説明している。

 

 ジャスティン・トリュドー首相とカナダ各州の州首相は、3月、パリ協定を前提として、国全体の排出削減計画を秋までにまとめることで合意している。その合意には、各州の事情を考慮した価格付け政策等の採用を条件としている。

 

 カーボンへの価格付け政策としては、C&Tなどによる排出権取引制度のほか、カーボン税を課す方法がある。カナダの場合も、両政策をベースとするとみられるが、石油・ガス生産州においてCCSの導入を組み合わせる案も考えられる。

 

 マケナ氏は、すでにカナダの主要企業とも調整を進めている。「Carbon Pricing Leadership Coalition」を構成するAir Canada やSuncor Energy Inc.などの合意も得ているという。カーボンに標準的な価格が付くことで、排出削減投資が合理的に評価され、技術開発のインセンティブにもなるためだ。

 

 

 

 

 

会員専用のE-learningや動画ニュースが見放題!!

会員登録
お問い合わせ

RIEF Interview

サステナブル ファイナンス 大賞

イベント・予定

2020年2月14日 第25回RIEF勉強会「トランジション・ファイナ...
2020年1月22日(水)第5回サステナブルファイナンス大賞表彰...
2019年12月9日夜。 「日本SDGs金融イノベーションフォーラム...
2019年11月15日 第24回RIEF勉強会「TCFD提言の実施に向けた...
2019年9月27日 第23回RIEF勉強会「NGFSの議論とその行方」(...

Most Read

Recommend

Most Read
「ジョーカー」のホアキン・フェニックスさん。気候対策求め...
気候リスクは「グリーン・スワン」。国際決済銀行とフランス...
第五回サステナブルファイナンス大賞決定。大賞には城南信用...
マレーシア中央銀行(BNM)。新興・途上国初のグリーン・タク...
「2020年からの警鐘」から、「2020年への警鐘」へ(藤井良広)
スペイン生まれの「羽根の無い風力発電機」が日本でも2020年...
2019年の国内グリーンボンド発行規模、前年比ほぼ倍増。本数6...

E-learning

環境金融E-Learning:基礎コース

出版・資料室


環境金融ブログ


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.