HOME9.中国&アジア |世界CO2排出量、2014年以降、3年間横ばい。363億㌧。中国の石炭火力規制が効果。ただ、パリ協定の目標達成には不十分。毎年0.9%減を2030年まで継続が必要。国際研究チームが公表(RIEF) |

世界CO2排出量、2014年以降、3年間横ばい。363億㌧。中国の石炭火力規制が効果。ただ、パリ協定の目標達成には不十分。毎年0.9%減を2030年まで継続が必要。国際研究チームが公表(RIEF)

2016-11-14 18:46:32

GHG1キャプチャ

 

 国際的な気候変動研究機関であるGlobal Carbon Projectは「2016年Global Carbon Budget」を公表した。それによると、化石燃料の燃焼による世界の二酸化炭素(CO2)排出量は2015年が363億㌧で、16年も0.2%増の見込み。3年間はほぼ横ばいになる。世界経済の成長率が3%を超える中で、排出量の伸びが1%以内のとどまるのは、中国の石炭火力抑制による排出削減効果が大きいという。

 

 化石燃料からのCO2排出量は2013年までの10年間で年平均2.3%の伸びを示してきた。それが14年には0.7%増にとどまり、その後、ほぼ横ばいで推移していることになる。

 

 報告を取りまとめた英East Anglia大学のTyndall CentreのCorinne Le Quéré教授は「経済成長が強い中で3年間ほぼCO2排出量が横ばいになったことは予想外だった。このことは温暖化対策が効果を上げることを意味している。ただ、その対策は十分ではない。CO2排出量が伸びないだけでなく、減少に向かわせなければならない」と指摘している。

 

 最大のCO2排出国である中国の2015年の排出量は104億㌧で、排出量シェアは世界全体の29%を占める。ただ、伸び率は前年比0.7%減と2年連続で減少した。中国は5%以上の経済成長を10年以上続けているが、16年も0.5%程度の減少になる見込み。

 

 GHG2キャプチャ

 

 国別では米国が54億㌧で、前年比2.6%減と下がった。オバマ政権による石炭火力使用規制の効果の一端が表れた形だ。世界の排出量シェアは15%。16年も1.7%の減少が見込まれている。ただ、トランプ政権になると、来年は増加に転じる懸念もある。

 

 景気低迷で減少傾向が続いていた欧州連合(EU:28カ国ベース)は35億㌧で1.4%増に転換した。排出量シェアは10%で世界第三の排出量となる。インドは23億㌧で5.2%増と、全体の伸びが鈍化する中で、目立って増えている。インドの世界全体に占める排出量シェアは6.3%。

 

 日本の15年の排出量は12億4000万㌧で、前年比2.2%減。排出量シェアは3.4%だった。

 

 CO2排出量の横ばい傾向がみられた一方で、大気中のCO2量は400ppmを超え、過去最高となった。化石燃料からの排出量が横ばいとなるなかで、大気中のCO2量が増えている主な理由は、CO2吸収源である陸地と海洋の機能低下が大きいとみられる。

 

 

GHG4キャプチャ

 

 陸地の場合、熱帯雨林の森林伐採に歯止めがかかっていないことと、海洋ではエルニーニョ現象の長期化で、海洋の温度が上昇、CO2吸収力が低下し続けたことが影響したとみられる。

 

 化石燃料からのCO2排出量が横ばい傾向にあるとはいえ、 地球温暖化防止の新たな国際枠組みであるパリ協定が目標とする世界の気温上昇を産業革命前から2℃未満に抑制することを実現するには、排出量が横ばいでは不十分で、2030年までに年間0.9%の減少が必要だと指摘している。

http://www.globalcarbonproject.org/carbonbudget/16/files/UK_UEA_GCPBudget2016.pdf

 

会員専用のE-learningや動画ニュースが見放題!!

会員登録
お問い合わせ

RIEF Interview

サステナブル ファイナンス 大賞

イベント・予定

2019年11月15日 第24回RIEF勉強会「TCFD提言の実施に向けた...
2019年9月27日 第23回RIEF勉強会「NGFSの議論とその行方」(...
2019年7月12日 第22回RIEF勉強会「第二フェーズに入る太陽光...
2019年6月21日 第21回RIEF勉強会「Taxonomyを読む~EU最新TE...
2019年5月17日 第20回RIEF勉強会。「ISOのサステナブルファ...

Most Read

Recommend

Most Read
資料:グレタ・ツゥーンベリさんの国連気候行動サミットでの...
グローバルな環境NGO、国連の責任銀行原則(PRB)署名銀行の...
経団連、EUやISOで進むサステナブルファイナンスのタクソノミ...
米MSCI、スイスの「カーボン・デルタ」社を買収。同社の「カ...
「価値を大切にする金融実践者の会(JPBV)」、金融機関職員...
風力発電設備をカイトで空中に浮遊させ発電する「風力発電カ...
三菱UFJ銀行、チリで計画中の世界初の海水揚水発電所と太陽光...

E-learning

環境金融E-Learning:基礎コース

出版・資料室


環境金融ブログ


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.