HOME9.中国&アジア |中国の全国版排出権取引制度(C-ETS)に向け、IBMがブロックチェーン技術を取り入れたクレジット管理「プラットフォーム」構築へ(RIEF) |
China3キャプチャ

 

 IBMは中国の「Energy-Blockchain Labs(EBL)」と共同で、中国政府がこの夏から始める全国版の温室効果ガス排出権取引制度(C-ETS)のクレジット(CER)の管理システムに、ブロックチェーン技術を取り入れた「グリーンアセット・マネジメント・プラットフォーム」を立ち上げる。

 

 ブロックチェーン技術を、排出権クレジットの売買に適用するのは世界で初めて。設立されるプラットフォームは排出量規制を受ける企業が売買する排出権クレジットの取引・管理のために開発される。オープンソースのブロックチェーン技術のハイパーレッジャー・ファブリック(Hyperledger Fabric)に基づく。

 

 ブロックチェーン技術はネットを通じて行われた取引データを、すべ……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム