HOME |深刻さを増すインドの大気汚染。学校の休校を余儀なくされる子供たちが、抗議のデモ行進。「私たちの未来を守れ!」と(RIEF) |

深刻さを増すインドの大気汚染。学校の休校を余儀なくされる子供たちが、抗議のデモ行進。「私たちの未来を守れ!」と(RIEF)

2017-11-16 13:11:48

INdia11キャプチャ

 

 危機的な大気汚染が続いているインドの首都ニューデリーで、学校の休校を余儀なくされている子供たちが15日、マスク姿で抗議のデモ行進を行った。

 

 このデモ行進は国連の支援で、市内の15のパブリックスクール似通う子供たちが参加した。子供たちは思い思いのメッセージを表したプラカードやゼッケンなどを掲げ、全員がマスク姿で、市内を行進、大人たちに抜本的な解決を求めるメッセージを伝えた。子供たちの行進は、ニューデリーだけでなく。デリー、パンジャブ、ビハール、ラジャスタン、西ベンガルなどの各地で展開された。

 

india9キャプチャ

 

 現地の報道によると、首都での行進に参加した13歳のCharvi Thakkarさんは「大気汚染の影響で、おばあさんやおじさん、兄弟も十分に呼吸ができない状態。汚染をすぐに止めてほしい。私たち子供が十分に呼吸ができないと、次の世代に未来はなくなってしまう」と訴えている。

 

 india4キャプチャ

 

  インドでは、この季節は、農地での野焼き煙と、混雑する自動車排ガス、街角で暖を取る人々の焚き火、石炭火力発電の排ガスなど、多様な要因が重なって、世界でも最悪の大気状態になる。特に今年は、ひどいという。航空会社の中には、同地への運航を停止したところも出ている。http://rief-jp.org/ct4/74370?ctid=75

 

India10キャプチャ

 

 ニューデリー当局は、視界が見えない状況を改善するため、ヘリコプターで水を散布する計画を立てたが、根本的な解決にならないことから断念した。環境NGOのVasu Primlani氏は「おカネをかけなくても、人々に自動車の運転を効率的にする指導や、農民に野焼きを止めるよう、指導するだけでも大きな改善が得られるはず。当局はそうした活動を広げるべきだ」と批判している。

 

会員専用のE-learningや動画ニュースが見放題!!

会員登録
お問い合わせ

RIEF Interview

サステナブル ファイナンス 大賞

イベント・予定

2018年8月3日(金) 第15回RIEF勉強会。「ISOの英国と中国の...
2018年6月1日(金) 第14回RIEF勉強会。ISOのグリーンボンド...
2018年3月23日(金) 第13回RIEF勉強会。EUのHLEG最終報告書...
2018年2月28日(水)仏NGOの2°iiによる「日本の株式市場と2℃...
2018年1月24日(水)RIEF主催「2017年サステナブルファイナン...

Most Read

Recommend

Most Read
年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF) 2017年度のESG運用...
世界銀行、ブロックチェーン技術を応用した初の「サステナブ...
GRIと国連グローバルコンパクト、SDGsの「実務ガイド」を共同...
中国人民銀行、投融資両面でグリーンファイナンス促進策。グ...
スペインの新政権、気候変動対策を担当するのは、筋金入りの...
国際標準化機構(ISO)、中国提案の「グリーンファイナンス」...
責任投資原則(PRI)の活動不活発な「監視リスト入り」候補機...

E-learning

環境金融Eラーニング基礎編(2)「金融が環境に出会った歴史」
環境金融Eラーニング基礎編(1)概論:「環境金融とは何か」

出版・資料室


環境金融ブログ


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.