HOME10.電力・エネルギー |住宅用屋根置き太陽光発電の無償ビジネスモデル。今度は、日産自動車が新型電気自動車で、日本エコシステムの小売り電力と共同展開へ。EV買って、ソーラー無料でもらおう!(RIEF) |

住宅用屋根置き太陽光発電の無償ビジネスモデル。今度は、日産自動車が新型電気自動車で、日本エコシステムの小売り電力と共同展開へ。EV買って、ソーラー無料でもらおう!(RIEF)

2017-12-30 17:59:43

nissan2キャプチャ

 

 住宅用の屋根置き太陽光発電を無料で提供するビジネスモデルが広がってきた。日産自動車は電力小売りの「じぶん電気」を供給する日本エコシステムと共同で、電気自動車(EV)の「日産リーフ」購入者に、日本エコシステムが無料で屋根型太陽光発電システムを設置する共同キャンペーンを始めた。EVを買えば、太陽光発電設備も付いてくるわけだ。

 

 共同キャンペーンは今月19日から開始している。対象となるのは、10月2日に発売した新型「日産リーフ」。日産では、ゼロ・エミッションの魅力に加えて、電動パワートレインのパワフルな加速、低重心の軽快なハンドリング、進化した自動運転化技術を導入した「ニッサン・インテリジェント・モビリティ」の象徴車、として力を入れている。

 

 共同キャンペーンでは、「日産リーフ」を購入した顧客(戸建て住宅所有者)が、日本エコシステムの電力小売りプラン「じぶん電力」を契約すると、同社が無償で太陽光発電システムを屋根に設置するもの。顧客は自宅で発電したクリーン電力を使って「日産リーフ」を走らせることができる。

 

新型の「日産リーフ」
新型の「日産リーフ」

 

 販売対象は、関東地区限定で、キャンペーンは2018年3月末まで続ける。日本エコシステムの「じぶん電力」の契約期間は20年間。契約期間満了後は、太陽光発電システム一式は顧客に無償譲渡される。また契約期間中は、太陽光発電システムの設置費用、メンテナンス費用は日本エコシステムが負担、顧客に追加負担は発生しないという。

 

 深夜電力を利用してリーフへ充電をする顧客には、日中は太陽光発電システムから割安な電気を供給するプラン「デイタイムアシストプラン」を提供する。リーフを購入者が同プランに加入する場合は、EVセット割引が適用される。

 

nissan3キャプチャ

 

 日産にとって、太陽光発電システム付きのリーフ販売で、他のEV車よりも魅力を提供できる。日本エコシステムは小売り電力契約者を増やすことができ、顧客はEVと太陽光発電システムを割安で手にできる、という「3方一両得」のキャンペーンとなる。日本エコシステムでは、このキャンペーン開始に際して、先着80名様限定で3ヵ月間の電気料金無料のサービスも提供する。

 

 住宅用に太陽光発電システムを無料提供するサービスは、ハウステンボス(長崎県佐世保市)が太陽光発電設備メーカーの京セラと共同で、今月から、自社の割安な再エネ電力使用を支援する「ハウステンボスHOME太陽光でんき」サービスを提供するなどのケースが出ている。http://rief-jp.org/ct4/75607

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/leaf.html

http://www.j-ecosystem.co.jp/news/2017/12/post-205.html