HOME |デンマークの有力年金PKA、投資ポートフォリオの石油・ガス産業を選別、日本のINPEXやガスプロムなど35社を投資対象から除外。「パリ協定と適合した経営戦略でない」との判断(RIEF) |
PKAキャプチャ

 

 デンマークの4つの職業分野の統合年金基金であるPKAは、日本のINPEX(国際石油開発帝石)を含む35の石油・ガス会社を投資ポートフォリオから除外することを決定した。PKAはこれまで投資してきた世界62の石油・ガス会社のビジネスが、パリ協定に適合しているかどうかを点検・評価し、そのうちの半数以上の企業を投資不適格と判断した。

 

 PKAはデンマークのヘルスケア専門家のほか、看護師・医療従事者、ソーシャルワーカー、薬剤師の4分野の職業別年金を統合して運用している。30万人以上を対象とし、その90%以上は女性労働者という特徴を持つ。運用資産は362億ユーロ(約4兆8000億円)。年間平均リターンは過去5年間で6.3%。

 

 PKAは石油・ガスなどの……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム