HOME10.電力・エネルギー |再エネ等のグリーンエコノミー企業のグローバルな市場価値、世界全体の株式市場の約6%、総額4兆㌦を占める。化石燃料関連産業とほぼ同規模。(RIEF) |
FTSE3キャプチャ

 

 世界のグリーンエコノミー分野の市場価値が、化石燃料関連分野とほぼ同規模になったことがわかった。再生可能エネルギーをはじめ、省エネ、水資源、廃棄物対策等を事業対象とする上場企業の時価はグローバル株式市場全体の時価総額の約6%を占め、総額4兆㌦。化石燃料関連産業の市場規模が縮小傾向にあるのに対して、グリーン産業はさらに成長力を高めている。

 

 英指数会社のFTSE Russellが「Investing in the global green economy: busting common myths」と題したレポートで明らかにした。レポートは、総額4兆㌦の市場規模は、グリーンエコノミーが投資家にとっての重要な投資機会であると同時に、化石燃料分野の企業価値が縮む傾向にあるのに対して、年々、拡大……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム