HOME |SASB(米サステナブル会計基準審議会)の「非財務情報開示基準」を点検する⇒その⑦再エネ&代替エネ・セクター。「太陽光発電は接続課題。森林管理は先住民の権利擁護も」太陽光発電、風力発電を含め6業種(RIEF) |
SASBRen1キャプチャ

 

 SASB「非財務情報開示基準」の点検第7弾は、再生可能資源・代替エネルギー(Renewable Resources & Alternative Energy)セクターである。太陽光発電や風力発電等の製造機器・再生可能エネルギー事業、森林管理事業などを含め、GHG削減の成長業種。求められる開示分野は、GHGよりも、自然エネルギーの活用による自然生態系へのインパクトや、接続問題、廃棄物問題などだ。

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム