HOME11.CSR |Nestlé(ネスレ)サプライチェーン企業の「ゼロ森林コミットメント」77%に上昇。2020年の「100%」達成に前進。衛星活用のモニタリングシステムが有効に機能(RIEF) |
Nesre1キャプチャ

 

  Nestlé(ネスレ)は、同社が取引をする農業商品のサプライチェーン企業の77%が、同社が推進する「ゼロ森林伐採(zero-deforestation)」コミットメントに適合している、と発表した。同社は2020年までにグローバルレベルでのゼロ森林伐採の達成を目指している。

 

 「ゼロ森林伐採」に適合するサプライチェーン企業比率は、2017年は63%だったので、1年で14ポイントアップしたことになる。

 

 ネスレは、飲食料品を中心に2000以上のブランド商品を、世界189カ国で展開している世界最大の飲食料品企業。2010年に、すべての同社の製品をグローバルベースで、2020年までに森林伐採への関与を行わないことを宣言している。

<……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム